『お金のなる気分』のガールズ・トークでお金に賢く! MCの高橋真麻さんの意外な”おカネ観”とは?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマーク

okanekibun_20170623_01.jpg


都心の片隅にあるネイルサロンを舞台に、女性のための"ケーザイ・トーク"が繰り広げられる「お金のなる気分」。
今回は、そのMCを務めるアナウンサーの高橋真麻さんを直撃!


真麻さんといえば、俳優の高橋英樹さんの1人娘で、芸能界きっての仲良しファミリーとしても知られています。芸能人の家庭で育った真麻さんは、一体どんな"ケーザイ教育"を受けてきたのでしょうか?
番組のみどころとともにご自身のお金の価値観について伺いました。



高橋真麻
2004年にフジテレビジョン アナウンス室に入社して活躍した後、2013年よりフリーアナウンサーに。テレビを中心に多数のレギュラー番組に出演中。アナウンサーとしての美声はもとより、歌唱力にも定評がある。



|真麻さんが子どもの頃から受けた高橋家の"ケーザイ教育"


芸能人の父を持つ真麻さんだけに、さぞや一般からはかけ離れたお金の価値観をお持ちなのかと思いきや、さにあらず。


真麻:子どもの頃、父はずっと時代劇の撮影で京都にいたので、家でごはんを食べるときに、母が「パパががんばって働いたお金でごはんが食べられるんだから、パパにお礼をいいましょう」と、常日頃からいわれて育ちました。なにかものを買ってもらっても同じように、京都でがんばって働いてくれている父に感謝するのが基本でした。


家族が無事にごはんを食べられること、ものが買えることは、あたりまえではなく、父が一生懸命働いているからこそできること。その父がなぜがんばって働けるかといえば、母がきちんとサポートしているからということを子どもの頃から理解していたので、常に両親への感謝と尊敬の気持ちがありました。その延長で、今も家庭が円満なんだと思います。



|将来の理想のダンナ様と家族像は?


okanekibun_20170623_02.jpg


母の教えにより、仕事に一生懸命打ち込む父と、それに感謝し、支える家族という良好なバランスができ上がっていた高橋家。そうしたベースは、家族にとって大事なことだと真麻さんは述べています。


真麻:お母さんは子どもに、お父さんが会社でどれだけがんばって働いているかということを教えたほうがいいと思います。だって逆に「お父さんだらしないわね」とか、「もっとしっかりしてよ」といわれているのを子どもが見て育つと、お父さんへの尊敬の念が薄くなってしまうと思うんです。


今は働いているお母さんも多いと思うので、どれだけがんばって育児と仕事を両立させているかということを子どもにきちんと説明することも大事だと思います。



父を立てながらサポートする母を見て育った真麻さん。将来、結婚して家庭をもったときに、子どもに自分が働く姿をどう見せていくのでしょう?



真麻:難しいですね。たとえばバラエティの場合、一見楽しそうにやっていますが、どういうリアクションをとろうかな?とか、前の人とかぶらないようにどう自分らしさを出していこうか?といったことをものすごく考えているんですね。


そうした部分の説明は伝えづらいし、また、説明する必要もないですから(笑)。ドラマの場合、朝早くから夜遅くまでカツラをかぶって立ち回りをするなど、大変さは明らかで伝えやすいと思うんですけど。


いずれにせよ、どれだけ大変なのかということを押しつけがましく伝えるのではなく、自分がしている仕事を家族も誇りに思ってくれたら嬉しいですね。



結婚する相手は、価値観や金銭感覚の合致も重要なポイントです。真麻さんはどんな相手が理想なのでしょうか?


真麻:今のところ誰と結婚するかわからないので、プランニングしづらい点ではありますが(笑)。たとえば、子どもにどんなお稽古をさせようか?というときに、子どもの可能性を広げるために、私と同じバリューを感じてくれる人がいいですね。


一方で、普段の食事はある程度節約するけれど、家族で出かけるためのレジャー費はこれぐらい使おうとか、支出ややりくりの価値観が合う方がいれば理想的です。番組でも、お金の流れをわかりやすく、貯金しやすくするためにも夫婦は財布を一緒にしたほうがいいということを紹介していたので、将来参考にしたいなと思います。



|社会人になって実感した働くことと「お金」の大切さ


高校時代は校則でアルバイトは禁止、大学に進学してからも学業に専念していたという真麻さん。社会に出て、働くこととお金の大切さを身にしみて実感したといいます。


真麻:アルバイト経験がなかったのですが、実際社会に出て働いてみて、お金を稼ぐことの大変さというのをとても感じたので、お金はかなり大事に使っているほうだと思います。やはりお金は生活にはなくてはならないものですから。


あらためてお金の価値をよく考えるようになったし、フリーアナウンサーになってからは、保障のない不安定さがあるので、その考えは一層強くなりました。たとえばものを買うときでも、「これは果たして自分が苦労して働いて稼いだお金の対価になるのかな?」と考えます。


番組を担当させていただくようになり、たとえば将来、子どもができたときに学費がどれくらいかかるかという情報をはじめ、相続、税金などについてもわかってきて、お金を大事に使わなければと、かなり保守的になりましたね。



|真麻さんの意外なお財布の締め方とは?


okanekibun_20170623_03.jpg


お金に対して意識の高い真麻さんですが、日常で「お金」を強く意識する場面についても教えてくれました。


真麻:私が普段一番お金を使っているのは食費です。麻婆豆腐がすごく好きなのですが、麻婆豆腐がおいしそうな店の前を通ると、さっき食事したばかりでも素通りできないんですよ(笑)。「がんばってる自分へのご褒美」などといいつつ、支出がかさみがちなので、自分でも甘いなとは思います。



とはいえ、モチベーションを上げるためにも、ご褒美は大事。美食家としても知られる真麻さんだけに、さぞや日頃いいものを食べているのでは?と思いきや、意外な一面も。



真麻:お肉が好きで、よく"1人焼肉"に行くんですが、本当は上ハラミを食べたくても、並にして、なるべく財布のひもを締めるようにしています。ちなみに私はブログをやっているのですが、内容のほとんどがごはんか、一人飯か、父・英樹で構成されています(笑)。



何不自由なく育った印象の真麻さんが、焼肉店で上か並かで迷うシーンがあるとは意外です。でも、予想に反し、真麻さんはどこまでも普通の感覚をお持ちだということがわかりました。



真麻:家が品川エリアなのですが、新宿と東京より上に行くときは絶対に電車で移動します。それからタクシーで帰宅するときは、大体いくらかかるかわかるので、メーターが越えそうになったら、家から少し離れたところでも止めてもらうことがよくありますよ。麻婆豆腐を頻繁に食べたり、飲みものもしょっちゅう買ったりしてしまいますが、一方で、移動費の100円、200円は締めるというふうにメリハリをつけています。



|女性のためのケーザイ・トーク番組が企画されたことについて


okanekibun_20170623_04.jpg


女性にわかりやすくお金の賢い情報を紹介する『お金のなる気分』が企画され、起用されたことについて、真麻さんは次のように感想を述べています。


真麻:はじめは、BS ジャパンさんで30分の経済番組ときいて、「私にもついにキャスターのお仕事が来たわ!」と身構えていたら、バラエティとまではいかないですけど、私のキャラクターそのままでやらせていただける内容でした。30~40代の同世代の女性に向けた企画というのは非常に斬新だし画期的だと感じています。


私自身、素直で背伸びをしない性格なので(笑)、知らないことは知らないといいますし、疑問があれば素直に質問しています。それに対して専門家の先生がオープンに、なおかつご自身の経験をもとにわかりやすく答えてくれるので、非常にやりやすく、現場でもとても楽しいです。



生きていくうえで不可欠なお金の知識。そんな基本的なことなのに、これまでは友人同士の会話ではどこかタブー視されてきた向きもあります。


真麻:確かに友だち同士だとどうしてもお金の話は敬遠されがちですよね。でも、独身女性であれば、1人で生きていくのに必要なことですし、家族がいても順番でいえば親が先に亡くなるので、お金の正しい知識は知っておかなければならないこと。家族を守るため、よりよい家庭環境のために恥ずかしがらずに知ることが重要だと思うんです。


でも、番組で紹介されるお金についての情報は、まったく嫌らしい要素がないのも特徴です。説明がわかりやすいので女性もとっつきやすいのではないかと思います。前半はお金についての情報、後半はそのときに輝いている女性ゲストをお迎えしての人生哲学というバランスのいい2部構成で、ちょうど寝る前の23時半から肩の力を抜いて観るのにちょうどいいのではないでしょうか。



毎回さまざまなゲストが訪れる『お金のなる気分』。真麻さんが収録を通じて新たに学んだこと、刺激を受けたことについて伺いました。



真麻:ゲストのみなさんは本当に個性豊かなので、毎回たくさんの刺激を受けています。なかでも私自身、実は起業に憧れがあって、起業家の方がいらっしゃると、最初の一歩でなにをしたのか?なぜそのアイデアを思いついたのか?ということを興味深く聞いちゃいますね。


おもしろい職業の方の場合、仕事の内容や始めた経緯を聞くなど、ゲストによってトークの切り口を変えています。先日、婚活サイトを立ち上げた起業家がいらしたのですが、私自身独身ということもあり、おっしゃっていたことがどんぴしゃりで「おお」と唸る場面が多々ありました(笑)。



最後に、真麻さんから視聴者のみなさんに番組のみどころとメッセージをいただきました。



真麻:なかなか人には相談できないお金の話をわかりやすく楽しく、女性目線で知ることができるので、ぜひご覧ください。男性にとっても、女性の価値観がどんなところにあるかを知る材料になると思います!



さまざまなゲストが教える、保険、投資、結婚など、お金にまつわるあらゆるトピックスが飛び出す『お金のなる気分』。観る人それぞれの目線で、きっと真麻さんのように「おお!」と琴線にふれる情報が得られるはず。どこか人をほっとさせる雰囲気をもつ真麻さんのナビゲートにも要注目です。

【番組概要】
番組名:「お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~」
放送局: BSジャパン BS7ch 全国無料放送
放送日時: 毎週木曜 夜11時30分放送
MC: 高橋真麻
番組公式HP: http://www.bs-j.co.jp/official/okanekibun/
公式Facebook: https://www.facebook.com/okanenonarukibun/
公式Twitter: https://twitter.com/Okane_kibun

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマーク

関連記事

関連キーワード

関連番組

  • 未来EYES
  • 運命の日 ~日本の挑戦者たち
  • 田村淳のBUSINESS BASIC
  • お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~
  • ジョブレボ! -Job Life Revolution-