平均年齢70歳超えのシニア・チアリーディングチームの仕掛け人、85歳のパワフル・キャリアウーマンが登場!

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマーク

okanekibun_20170608_01.jpg

東京の片隅にある秘密のネイルサロンには、女性のライフスタイルには欠かせない"ケーザイ・トーク"が繰り広げられます。ここでは、そんなゲストたちを直撃!
彼女たちの素顔をクローズアップすることで、番組をより楽しむための秘密の話をご紹介。


今回ご紹介するのは、日本初のシニア・チアリーディングチーム「ジャパンポンポン」代表の滝野文恵さん。ヒールの靴を姿勢よく履きこなす滝野さんは、とても85歳には見えません。


<6月8日のゲスト>
滝野文恵さん/「ジャパンポンポン」代表
1985年に53歳でアメリカに再留学。ノーステキサス大学で老年学修士号を取得。1996年、アメリカにシニアのチアリーディングチームがあることを知り、日本で「ジャパンポンポン」を設立。


okanekibun_20170608_02.jpg


本が大好きな文学少女。行動力は人一倍!


実業家の父を持ち、子どもの頃から大の読書好きという滝野さん。本を好きになったのは、兄の影響だといいます。


滝野:若いころには世界文学全集をほとんど全部読みましたが、日本文学はさっぱり読んでこなかったので、そういう意味では偏っているかもしれませんし、少々後悔しています。いまや軽めの肩のこらないようなものを読んでいます。ディック・フランシスやフレデリック・フォーサイス、フリーマントルなど、ミステリーや、探偵ものなど。最近の作家だとパトリシア・コーンウエル。ただ、今はさすがに無理ですが、以前は、年間100冊は読んでいました。


やがて大学を卒業後、結婚し、父の仕事を手伝いながら家事や育児をしてきました。そして53歳のとき、夫との別居を決意し、アメリカに再留学を果たします。滞在中は、とくにアメリカ人のコミュニケーションの仕方に感銘を受けました。


滝野:アメリカ人の人とのつきあい方がすごく楽で、私の性に合いました。アメリカ人は、人に対して余計なお節介をせず、「あなたはあなた、私は私」というスタンス。もちろん困っていれば、「なにか助けはいる?」と聞いてくれるんですけど、「いらない」といえば、あっさり引き下がるんですね。


日本だったら、たとえば体調が悪いとして、「体にいいからこれを飲みなさい」とか「こうしなさい」とかいろいろお節介を焼きますよね。一方アメリカ人は、そういうことを一切言って来ない。もちろん、それが冷たいと思う人は合わないと思いますが。



夫との別居、そして単身アメリカで「老年学」修士号を取得。


子どもがある程度大人になった53歳のとき、滝野さんは夫との別居と同時にアメリカ留学を決意します。そのタイミングで決意した理由について、次のように語ります。


滝野:子どもの頃、両親の関係がうまくいっていない時期があって、母がいつか離婚を切り出すのではと本当に心配していました。だから自分の子どもにはそういう思いはさせたくないと思っていたんです。夫に対して、ずっと我慢していたわけではなく、ただ、性格が合わなかったのと、年をとってくるとそれがだんだん我慢できなくなってくるんですよね。


そして最終的なきっかけは、父の死でした。実業家だった父は、あらゆる欲しいものを手に入れて、自由奔放に生きてきた人でした。やりたいようにやってきた父が、最後、寝たきりになったときに「自分の人生は無だった」というようなことを言ったんです。


それを見て私は、やはり人生の終わりには、「ああ幸せだった。ありがとう」といって死にたいと強く思いました。そのために、今後の人生をより楽しく過ごすための「老年学」の知識を身につけたいと考えたんです。



当時は、夫婦共働き世帯も少なく、今とは違って離婚する夫婦は少ない時代。決意するまでにさまざまな葛藤があったと滝野さんは言います。


滝野:50代になってから別居を決意しましたが、子どもたちがまだ結婚していなかったので、せめて結婚するまで待ちたいとか、夫が現役で働いていて、元気なうちに...などなど、別居する時期や条件はいろいろ考えました。世間体は考えませんでしたね。


決意を新たに、目の前が開けたような感覚を味わったかと思いきや、さにあらず。


滝野:家を出る前は、「誰か止めてくれないかな」と考えたり、悲壮な思いを抱いたり、まるで追い出されるような感覚を持つほど家を出るのはつらかったですよ(笑)。別居後は、さぞやすっきりするかと思っていたのですが、やっと家を出たものの、むしろ、ぼーっとしてる感じで、さみしかったですし、やっぱり独りになるのが怖かったんですね。



平均年齢70歳以上のシニア・チアリーディングチーム「ジャパンポンポン」発足!

okanekibun_20170608_03.jpg


人生の葛藤やさみしさを乗り越えて留学した滝野さん。帰国後、アメリカのシニアチアリーダーの存在を知り、日本でも平均年齢70歳以上の「ジャパンポンポン」を発足します。そのいきさつは?


滝野:たまたま本を読んでいて、アメリカのシニアチアリーダーの存在を知ったんです。これまで、スカイダイビングやスキューバダイビングなど、高齢でも年齢に関係なくやってらっしゃる事例は知っていましたが、チアリーディングのシニアチームというのは、まったく発想の外でした。ということでかなり衝撃を受けて、おもしろいから日本でもやってみたいなと思ったのがきっかけです。


チアに限らず、体を動かすことは健康にもすごくいいことだし、しかもそれがダンスなのでとても楽しいですよ。とてつもなく派手な衣装を着て舞台に上がるので、気持ちも上がりますし、それを着たいから入りたいという人も多いです。なにより、普通は60歳をすぎてから舞台で脚光を浴びるチャンスはあり得ないですよね(笑)。


結局、多少不幸せな要素があっても、今やっていることがこんなに楽しいということが重要なんだと思います。ジャパンポンポンの活動を楽しみながら人様のお役にも立てることができればと考えて、チャリティショーの入場料と会費の一部をユニセフや東日本大地震などに寄付してきました。



その年代ごとに楽しむためにお金を使うのはあり!


ご自身のお金の使い方について、「あまり上手じゃなかったかも」と笑う滝野さん。そこには幸福度が高い滝野さんらしい生き方がありました。

滝野:若い頃、1年半間だけ会社勤めをしていたのですが、服飾費としてお給料を全部使ってしまった挙句、母に借金までしたことも(笑)。結婚するにあたっては、「ごはんはお粥でもいいから、お手伝いさんを雇いたい」と、バカなことも言っていました。卵が10円安いからと電車に乗ってスーパーに買いに行ったはいいけど、結局疲れてタクシーで帰って来るということもありましたね(笑)。
それからお金の面で苦労した時期でいえば、夫の定年と同時に息子が大学に進学したときは、本当に泣きたかったですね。53歳からのアメリカ留学についても、たまたまゴルフの会員権があって、それで工面したのですが、普通に考えれば老後の資金にするべきだと思いますよね。もちろん、後悔はしていません。私の場合、思慮分別がないのに、行動力がありすぎるんですよ(笑)。


ここまで聞いてお察しかと思いますが、あまり上手にお金を使って来なかったんです。
でも、30代なら30代、40代なら40代というふうに、年代ごとにそのときじゃないと楽しめないことってあると思うんです。だから、あまりお金は貯まらない方かもしれませんね。



パワフルキャリア女性・滝野さんから視聴者のみなさんへのメッセージ


幸せそうに好きなことに打ち込む滝野さんのお言葉だからこそ、説得力があります。
「お金のなる気分」の視聴者に滝野さんからメッセージをいただきました。


滝野:最近、孫が二人目を出産したのですが、一人目の時もあっという間に職場復帰していました。育児と仕事を両立する女性が増えて、最近の女性はたくましいなと思いますね。私は女性も仕事を持った方がいいという考えです。もちろん、人それぞれいろんな生き方があって、幸せの基準も人それぞれだと思いますが。でもやはり、お金は最低限ないと好きなことができませんよね。


最近の若い男性については、ナヨナヨして女性っぽいのが気に入らないですね。張り倒してやりたいぐらい(笑)。自分が心からやってみたい!と思えば目標に向かうわけだから、手に入るの。それが夢だと思いますし、世の中が悪いから叶わないのではなくて、自分がダメにしている場合が多いのではと思います。一般的に歳をとるにつれ、女性は男性らしく、男性は女性みたいになっていく傾向にあります。だからこそ若いうちに勇気を出していろんなことをがんばって、好きな女の子にも男らしくアプローチしてほしいです(笑)。


滝野文恵さんのオンエアは、6月8日です。85歳とは思えない、現代的な感覚の滝野さんのぶっちゃけトークが炸裂します。お楽しみに!

【番組概要】
番組名:「お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~」
放送局: BSジャパン BS7ch 全国無料放送
放送日時: 毎週木曜 夜11時30分放送
MC: 高橋真麻
番組公式HP: http://www.bs-j.co.jp/official/okanekibun/
公式Facebook: https://www.facebook.com/okanenonarukibun/
公式Twitter: https://twitter.com/Okane_kibun


  • Facebookでシェアする
  • Twitterでツイートする
  • はてなブックマーク

関連記事

関連キーワード

関連番組

  • 未来EYES
  • 運命の日 ~日本の挑戦者たち
  • 田村淳のBUSINESS BASIC
  • お金のなる気分 ~欲張り女子のケーザイ学~
  • ジョブレボ! -Job Life Revolution-