いつもの4倍ワンカット紀行に密着!鎌倉の大仏さまから江の島の水着ギャルまで、「鎌倉から江の島まで120分ワンカットSP」

20170911_onecut_2H_01.jpg

今見たい日本全国の魅力あるスポットを編集無しの30分ワンカットでお届けする中毒性のある映像紀行バラエティ「バカリズムの30分ワンカット紀行」。今回はなんと通常の4倍の時間「120分ワンカット紀行」に密着してきました!

通常なら一つのスポットを巡りますが、今回は鎌倉駅~長谷駅~鎌倉高校前~江ノ島と江ノ電を乗り継いで各地を巡ります。

20170911_onecut_2H_02.jpg

今回のロケに同行するにあたり幾つかの疑問がありました。

例えばどれくらいのスタッフが関わっているのか、出演者の方々はどれくらい準備をしているのか...などなど。ご覧の通りスタート地点にはカメラマン、ディレクター、音声、アシスタント、プロデューサーとメイキング用のカメラマンで回ります。想定の範囲内かなと思いつつスタッフリストを覗いてみると。全てのスタッフ合わせて総勢40名強もいました!

残りのスタッフは各地でスタンバイ、やり直しの効かない一発勝負の為、入念な準備をしているのです。

20170911_onecut_2H_03.jpg

さぁ120分ワンカット紀行スタートです。

スタートは源頼朝が妻の安産祈願のために造営されたと言われる鶴岡八幡宮の参道若宮大路です。目の前は三の鳥居。まずはかまくら富士商店の田島さんが「ようこそ鎌倉へ」と出迎えてくれます。

続いて若宮大路に構える老舗の食事処「天金」の店主が人気のメニュー鎌倉丼を作ってくれたり謎のマジシャン「ソバック」さんが登場したりと驚きの出会いがたくさんあります。この調子だと今回の特番も期待がもてそう!そんな幸先のいい出だしです!

20170911_onecut_2H_04.jpg

その後「スイートママ」という陶器とカフェの素敵なお店を抜けて小町通りへ。少し進んで雪ノ下ガーデンに入ります。すると広場にいる人達が突然・・・!?可愛い応援団も登場、上手くいくのか見ていてドキドキします。

この後どんな展開が待ち受けているのでしょう!!何となくこの写真でわかる気もするけど・・・

20170911_onecut_2H_05.jpg

広場の向かいでは埋蔵文化財発掘調査が!

鎌倉という土地柄お宝のニオイがしますよね!今回発掘された埋蔵物はこんなにたくさんありました!

マメ知識ですが埋蔵物には民法及び遺失物法が適用され警察署長へ届け出なければならず、その後公告を行い届け出がなければ原則発見者が所有権を取得するのだそうです。公告により所有権を主張する人が出て来るなんて有り得るのだろうか・・・等と考えている間に撮影クルーはどんどん遠ざかってしまいダッシュで追いかけます。

20170911_onecut_2H_06.jpg

やっと追いついたと思いきや電車の時刻が危うくなったようでまさかの撮影クルーも急いで走ります!!平日でも多くの人で賑わう鎌倉でなかなか走ることも許されませんがなんとかギリギリ到着です。事前に買っておくのかと思いきやここに来て切符を買っていて更に焦りました。。

20170911_onecut_2H_07.jpg

ここで江ノ電到着!車両を見ているだけで気持ちが上がります。一番前に乗らせていただき大仏様の待つ長谷駅へ!

20170911_onecut_2H_08.jpg

長谷駅に到着すると一見ドッペルゲンガーのような絵ですが今回あまりに猛暑で過酷なロケのためここでカメラがチェンジします。8月の終わりは夏らしい日がサンサンとしていまたからね。通常回には無いスペシャルならではの演出ですね。

20170911_onecut_2H_09.jpg

長谷駅の様々な出会いに遭遇しながら一路長谷寺へ。ここらへんから鎌倉らしさが更に増して、見ていて飽きません!

20170911_onecut_2H_10.jpg

そのまま突き進み弁天窟へ。するとここでゲスト登場!!笑い声が洞窟をこだまします。

20170911_onecut_2H_11.jpg

洞窟を出てしばらくすると太極拳をされる女性たちが!独特の緩やかな動きでお話された後カメラが通り過ぎると裏からダッシュで最前列へ移動しまた登場(笑)。ここはメイキング映像と合わせてお楽しみください!

20170911_onecut_2H_12.jpg

そしてやっと大仏様に到着!ここをぐるっと周り長谷駅へ戻ります。が!!!ここに来てまたもや電車の時間がギリギリに!2度目の撮影クルー猛ダッシュ!ギリギリ滑り込み今回もなんとか難を逃れました。

そして今度は鎌倉高校前で下車します。突然ですが今回番組の中でキーワードクイズを行います。ところどころでキーワードが出現し全て拾っていただくと応募可能に。そのワードがここで出現します。問題は出現の仕方です。。。

20170911_onecut_2H_13.jpg

氷の中に入っていて見えないんです。割ったり砕いたりしないんです。解けるまで待つそうです。一応スタンドにカメラは移動しますがそのまま放置ではなく動かないようにずっと支えていました。日陰一切なしの炎天下・・・ガチですね。なんとか解けてキーワードを発見してから最終目的地江の島へ!

20170911_onecut_2H_14.jpg

江の島へ着くとなんとフラダンスでお出迎え!とっても可愛い!

20170911_onecut_2H_15.jpg

そこからバトンタッチ、ラップで江の島を案内してくれます。と、ここでハプニング!!いるはずの○○さんがいない!!ガチのハプンニングをラッパーがどう乗り切るか見ものです!!

20170911_onecut_2H_16.jpg

やっと浜辺に着くと待っていました!水着ギャル!なんとも不自然なポージングでお出迎え。でも一応意味のあるポージングなので何故かは放送でご確認くださいませ。

20170911_onecut_2H_17.jpg

水着ギャルの絵を楽しんでいると遠くで幻のサーファーがなんとも信じ難い登場をします!!水着ギャルが全速力で駆け寄りスタッフも焦って追いかけます。その先にいるのは!?あれっ・・・なんか見たことある展開が!!

このストーリーで感動!?のフィナーレです。撮影当日は風が強く変更を余儀なくされたのですが実はこの後別のストーリーが存在したのです。折角リハーサルしたのでここでお見せしちゃいます。というか是非見ていただきたい!
皆さま、江の島の裏側見たことありますか?

20170911_onecut_2H_18.jpg

20170911_onecut_2H_19.jpg

20170911_onecut_2H_20.jpg

残念、、以上お蔵入り画像でした。。


20170911_onecut_2H_21.jpg

ここで今回の本編、メイキングの収録を終えたバカリズムさんにも感想をお伺い致しました!

―― 120分収録終えた感想はいかがですか?
今回は120分の映画を見た満足感がありました。ところどころ本当に驚くようなことが起こって感動しました。30分の通常放送にない面白さがあり全く別物の超大作として楽しめました。

―― 収録の前と後で鎌倉、江の島の印象が変わりましたか?
元々鎌倉も江の島に対してイイお店や海なんかがあっていいなーという印象があったのですがより鎌倉感があるというか江の島も思ったより江の島江の島してるなーと。鎌倉も思った以上に良いお店があってこちらも鎌倉鎌倉してるな~という印象でした(笑)

―― 本編のおすすめポイント3つ教えてください!
一つは氷の溶かすシーンですかね、テレビ史に残る名シーンだと思います。今後もテレビでは見ることが出来ないシーンだと思います!すげーワイプでしゃべんなきゃと思いました(笑)
二つ目は江の島の浜辺の水着のシーン見せていただけたので良かったです(笑)
本番中は横に内田さんもいるので水着のシーンで一人で盛り上がるわけにはいかなかったですが(笑)
3つ目は以前奥渋谷の回に出ていただいたラッパーの人たちですかね。一人は京都から来てもらって。ちょっと間が空いてしまって突然間を埋めるためのラップを振られてあたふたしているところですかね(笑)

バカリズムさんおすすめのポイントを放送の中から探してみてください。

そして今回ご協力いただいた街の皆さまをご紹介します。皆さま、リハーサルを入念に行いセリフを覚えるのが大変だったり、非日常過ぎて何が何だか分からないといった声が多かったです。本番になるとみんなわかっていても感想は似ていて一瞬の出来事だったと口を揃えて仰っていました。皆さまあってのワンカット紀行、予定通りでもハプニングでも結果全てが良い味出ており面白さが詰まっているように思えました。

20170911_onecut_2H_22.jpg
20170911_onecut_2H_23.jpg
20170911_onecut_2H_24.jpg


最後に裏側の功労者カメラマン、ディレクター陣をご紹介します。

20170911_onecut_2H_25.jpg

―― 本番終えていかがですか?
長かった(笑 でも楽しかったですね。体力的にも通常より長い時間だったのですがカメラリレーがあったのでなんとか乗り切れました。多くの皆さんやスタッフと一緒に作り上げていくのを感じられたのもよかったです。やはりワンカットという一発勝負にドキドキしながらも楽しみつつ出来ました。ただ自分が失敗すると他への影響も大きく出るし撮り直せないという緊張感は大きいです。だからこそ出来る番組というところを楽しんでいただけたらと思います。

―― 通常の撮影とどんなところが違いますか?
全然違いますね(笑 番組の初回から携わらせていただいていますが最初とても戸惑いました。リハーサルをしても本番思い通りに行かないことも多々あるけれどそれも番組の面白さにつながっていると思います。

―― 次の特番はどこを撮りたいですか?
海外行きたいですね(笑 ベタにハワイとかが良いですね!

20170911_onecut_2H_26.jpg

そして今回3名のディレクターが関わっています。左から鎌倉、長谷、江の島を担当しています。

―― 本番終えていかがですか?
【鎌倉担当D】疲れました(笑)
【江の島担当D】ビールが飲みたいです(笑) お約束のコメントですね(笑) やりきりました、燃え尽きました!
【長谷担当D】自分が一番長い時間担当していました。氷解かしていたので(笑) 終わってみて良いものが撮れたのではと思います。関わった全ての方々のおかげです。

―― いつもと違った苦労はありましたか?
【長谷担当D】基本的にいつも通りなのですがカメラチェンジがあり時間がいつもよりシビアだったのはありましたね。鎌倉クルーが遅れそうと連絡をもらいましたが、やっぱり間に合ったと連絡がきて慌てて準備したりしましたね(笑)
【鎌倉担当D】そうそう、遅れそうだったんですよね。乗れない!って瞬間があっだけどなんとか間に合っちゃったんです(笑)
【長谷担当D】かなりバタつきましたが先輩なんで逆らえませんよね(笑)
【鎌倉担当D】初めての電車で他のお客様に迷惑をかけないようにとても緊張しましたが、江ノ電の方に協力いただきながらスムーズに行ってよかったです!

―― 特番の場所はどのような経緯で決まったのですか?
【江の島担当D】作家さんがたくさんあげた候補の中から一番上に書いてあった鎌倉~江の島を見て、総合演出がここにしようと言ったことで決まっちゃいました(笑
【鎌倉担当D】会議開始後30秒位で決まりましたね(笑) 街を江ノ電で繋いでいくというところがみんな共通して良いなと思いましたね。

事前準備1ヶ月半、ロケハン10回位を重ねて作り上げたそうで「おじさんたちの夏の思い出」になったそうです(笑)
是非今回は特にメイキングと合わせてご覧いただくと色々味わえて楽しさに深みが増しますよ!

特番放送日 2017年9月16日(土)21時から BS7chで放送!

【番組概要】
番組名:「バカリズムの30分ワンカット紀行」
放送局: BSジャパン BS7ch 全国無料放送
放送日時: 毎週月曜 夜11時30分放送
番組公式HP: http://www.bs-j.co.jp/onecut/