スマホの分割払いはクレジット契約!支払いの延滞で信用に傷...クレジットカードとの上手な付き合い方とは

okane_0614_01.jpg


 毎回ケーザイ学の先生が、さまざまなお金に関する本音トークを展開。女性のお金に関する素朴な疑問を解消する『お金のなる気分~欲張り女子のケーザイ学~』(BSジャパンにて毎週木曜夜11時30分~放送中)。


okane_0614_02.jpg


 本日の常連客はファイナンシャルプランナーの國松典子さん。まずはこんな気になる記事から。


《自分を「ブラック化」しない信用情報を守るワザ》(『日経ウーマン』2014年3月号)


 例えば新たにクレジットカードを作ろうと申し込んだ時、返済が滞っている情報があると審査に落ちてしまう可能性がある。支払いの情報は信用情報機関に集められ、データベース化される。うっかり滞納してしまうと、信用に傷がついてしまうこともあるとか。


 そこで信用を落とさないクレジットカードとの付き合い方を紹介!


 《CIC》《JICC》《全国銀行個人情報センター》という日本に3つある信用情報機関では、クレジットカードなどの支払い情報を記録。ローンなどを組む場合などは銀行が信用情報機関にカードの支払い状況を照会し、支払いが滞った過去がある場合、ローンが組めないケースも。


 ちなみにクレジットカードなどの申込書には、「信用情報機関に情報を登録する」同意欄があるため、個人情報の漏洩にはあたらないんだとか。その信用情報は、パソコンやスマホで確認することができる。


 例えば信用情報機関CICの場合、そのサイトへ行き、クレジットカード会社などに登録している電話番号で暗証番号を取得。その番号を打ち込むと本人に登録内容の一覧がデータで送られてくるという仕組みだ。CICの場合、2年分の記録が表示され、記録は5年間保存されている。それを金融機関は照会ができるのだ。


okane_0614_05.jpg


 そしてもう1つ注意したいのが、キャッシング枠。キャッシング枠は金融機関から借金している状態。キャッシング枠は他で融資を受けていることになるため、ローンなどの審査に影響することも。


「使わないキャッシング枠は外すことが大事」(國松さん)


 さらに注意したいのが、使用していない複数のクレジットカードを持っていること。


「安易に契約すると思われ、信用されにくい」(國松さん)


 さらに解約の仕方にも注意が必要。


「一気に解約すると、特別な事情があったと思われる。更新時期などに順番に解約していくのがいいですね」(國松さん)


 またスマホの利用にも注意が必要。


《スマホ分割払いに要注意 電話代滞納、信用情報に傷》(『日本経済新聞』2014年11月22日朝刊)


 高額なスマホは分割払いが一般的。しかし分割払いが「クレジット契約」であるという点はあまり知られていない。そのため、端末代や通話料を滞納すると信用情報機関へ通知され、ローンやクレジットカードの審査に落ちる可能性があるのだ。若い世代で支払いが滞るケースが増加しているというので、要注意!


「使用しないカードは作らない。基本的なことだけど、自分の支払い状況や口座の残高を把握することが大事。そしてキャッシング枠を意識しながら申し込みましょう」(國松さん)


 キャッシュレス化が進む現代だけに、信用を落とさないよう、クレジットカードとは上手に付き合っていきたい。


okane_0614_03.jpg


 そしてシニアチアリーダー ジャパンポンポン会長の滝野文恵さんが来店。ジャパンポンポンは東京で活動するシニアのチアリーディングチーム。平均年齢はなんと70歳! 22年前にチームを創立したのが、現在85歳の滝野さんなのだ。モットーは《夢と元気と希望を与えること》。そこで輝くためのシニアライフについて、教えてもらった。


 アメリカでシニアのチアチームがあることを知った滝野さん。それで日本でも作ってみようと、友人を誘って始めたという。そして自ら、青山学院大学の生徒をコーチとしてスカウトしたというから驚き!


 入会資格は55歳以上。そしてユニークなのが、自称《容姿端麗》。


「楽しいほうがいいかなって」(滝野さん)


 2年前に結成20週年記念公演を開催。舞台では12曲も披露した。現在はメンバーが24人に増加。トレーニングは週に1回、2時間半。メンバーのほとんどが毎週欠かさず参加する。


 元気に活動する滝野さんだが、50代で大きな転機を迎えたとか。


「52歳で家出を。父親が寝たきりになったあと、亡くなる半年ほど前に《人生、無だった》と(父が)言っていた。それで自分も子どもたちの犠牲になったとか、愚痴ばかり言って晩年後悔するんじゃないかと、思い切って家を出ました」(滝野さん)


 家出した滝野さんは、アメリカ・北テキサス大学へ留学し、修士号を取得。自分のやりたい道を歩んできた。そんな滝野さんの元気の秘訣とは?


「元気だと思い込むこと」(滝野さん)


 そんな滝野さんからアドバイス。


「したいことがあれば、何でもいいからやったほうがいいのかなって。世間さまが何と言おうと、自分の人生なんだからやりたいことをやらないと。人生は楽しくないと嘘だと思う。明日どうなるかわからないのに、人様の顔色を伺うのは違う。だから、今やれることをやる」(滝野さん)


 そんな周囲の目を気にせず、やりたいことをやるという姿勢で楽しく元気に生きている滝野さんの言葉は、シニア世代でなくても心に留めたい言葉であろう。


okane_0614_04.jpg


『お金のなる気分~欲張り女子のケーザイ学~』
放送時間:BSジャパンにて 毎週木曜 夜11時30分~深夜0時00分
出演:高橋真麻ほか
番組HP:http://www.bs-j.co.jp/official/okanekibun/