フリマアプリ達人が教える、素人でも簡単に商品を売る方法!

毎回ケーザイ学の先生が、さまざまなお金に関する本音トークを展開。女性のお金に関する素朴な疑問を解消する『お金のなる気分~欲張り女子のケーザイ学~』。(BSジャパンにて毎週木曜夜11時30分~放送中)


常連客であるファイナンシャルプランナー國松典子さんを先生に、今回教えてもらったのは『昔も今もマスクで健康とおしゃれ!』と『いらないものをお金に変える!フリマアプリ術』について。


okane_0406_01.jpg

花粉症でマスクを利用する人が増えるこの季節。《マスク、美容ツールに オシャレ使いは大正時代も》(2017/2/4付 NIKKEIプラス1)という記事によると、明治時代には一般の人もすでにマスクを使い始めており、大正に入り発展。1910年代には革製や高級品がステータスとなり、ファッションアイテムになっていたんだとか!


 最近は羽生結弦選手も愛用していることで注目を集めた、オーダーメイドマスクも人気。1枚1万円を超えるが、人気を集めているそう。


そして、ネットオークションの達人だという國松先生は、いらない物をお金に変えるテクニックも公開。


番組スタッフの家にあったいらない物を例に、フリマアプリ向けとネットオークション向けの商品に仕分けをしてみることに。気になる結果は......。


【フリマアプリ向け】結婚式用ワンピース、ロードバイクウェア、ブランド物バッグなど
【オークション向け】ノベルティ充電器など


 日用品など相場が決まっているもの、ブランド品でも即決したいものはフリマアプリへ。希少価値の高い物、初版・復刻ものなど限定品は付加価値がつくので、ネットオークション向きなんだとか。


 そして、フリマアプリで上手に売るテクニックも紹介!


ポイント① 写真の撮りかた
布を貼った板を使用し、商品を見やすくする。商品の端が切れているもの、背景が暗いものはNG。また、フラッシュ撮影は商品にてかりや影がつくため×。また正面だけでなく、横や底などさまざまな角度から撮影すると、購入者のイメージが湧きやすくて購入に結びつきやすいんだとか。


ポイント② 商品の情報は細かく出す
一見、ネガティブな情報は書かないほうがいいかと思いきや、傷や箱の有無や購入時期、使用した回数などは細かく書いたほうがベスト。そうするとことで、購入後のトラブルが少なくなる。


ポイント③ 値段のつけかた
新品なら定価の60~80%、ほぼ未使用なら定価の30~60%、汚れが目立つものは定価の20~40%で出品するのが目安なんだそう。


 利用者が増加しているフリマアプリ。アナタも賢く使って、いらないものをお金に変えてみては?


 そして、大手通販フェリシモのチョコレートバイヤー木野内美里さんがお客様として来店。"バイヤーみり"の愛称で、海外の200ブランド以上を紹介。オンリーワンを見つけ、年間2億5000万円も売り上げる木野内さんだが、実はこの仕事をする以前はチョコレートがあまり好きではなかったとか。


会社勤めの木野内さんは、人事異動で希望ではなかったチョコレートの担当へ。しかし、「この仕事は私の仕事」と思い、チョコレートを極めることを決意。そして、日本ではまだ販売されていないローカルな人気商品を探し続け、この世界では知らない人はいないカリスマバイヤーにまでなったというから凄い!


okane_0406_02.jpg

そんな彼女のお金になる名言は......。


《自分の努力はタダ》


努力が実れば自分もハッピーだし、多くの人がハッピーになる」と語る木野内さん。また「人に使われるなと思っています。サラリーマンでもプロになれる。?これは私の仕事!"と思えた時に、楽しめるようになった」とか。


 入社した会社で希望の部署に配属されず悩んでいる人は、木野内さんの言葉を参考にすれば、明日からの仕事が楽しめるようになるかも?


okane_0406_03.jpg

『お金のなる気分~欲張り女子のケーザイ学~』
放送時間:BSジャパンにて 毎週木曜 夜11時30分~深夜0時00分
出演:高橋真麻ほか
番組HP:http://www.bs-j.co.jp/official/okanekibun/