5年間非課税で投資できるNISA。初心者が注意したいポイントとは?

 毎回ケーザイ学の先生が、さまざまなお金に関する本音トークを展開。女性のお金に関する素朴な疑問を解消する『お金のなる気分~欲張り女子のケーザイ学~』(BSジャパンにて毎週木曜夜11時30分~放送中)。


okanekibun_0504_1.jpg

 本日のお客様はマクロエコノミストの崔真淑(さいますみ)さん。こんな気になる記事が。


<不人気ブドウを爆売れさせた「たった一言」とは?>(NIKKEI STYLE2017年2月14日掲載)


 某地方都市のスーパーマーケット。売れずに困っていたブドウのPOPにある言葉を書いたところ、爆売れしたという。その一言とは<タネなしブドウ>。人間には損失回避という心理があり、タネを出す面倒な時間=損失回避に繋がり、売り上げが大幅にアップしたのだ。


 崔さんも「損失回避心理を少し突てあげると、マーケティングにも使えると言われている」と語る。


 また崔さんが書いた、こんな記事も。


<アラサーの年金どうなる? 長生き世代がすべきこと 健康に長生きできる世代 年金制度改革に翻弄されないために>(日経ウーマンオンライン2016年12月14日掲載)


 現在、先進国の女性の平均寿命は80歳前後だが、現在のアラサー世代の平均寿命は90歳に。また2007年生まれの子供の平均寿命は105歳になるとも言われているそうだ。


「100歳まで生きると仮定して、資産形成が大事になってくる」(崔さん)


 資産形成にオススメなのがNISA。NISAとは少額投資非課税制度のことで、国の投資奨励策だ。通常、投資の利益には税金がかかるが、 NISA口座で投資をすれば免除される。


 これだけ聞くとメリットしかないように思われるが、NISA口座で投資をできるのは年間120万円まで。さらに非課税期間は5年間で、NISAの新規口座開設は2023年までの予定だという。


「今、日本はお金がなく、年金受給年齢も高くなる見通し。だから、これは国からの自分の年金は自分で作れというメッセージだと思っている」(崔さん)


 気になるNISA口座の作り方だが、銀行や証券会社で開設できる。しかし作れるのは1人1口座まで。また銀行で作った口座で買えるのは投資信託のみ。証券会社で作った口座では、投資信託のほか、国内・外国株式、ETF REITも買うことができる。しかし商品の数が多いため、初心者は迷いがち。


 崔さんは、初心者にはバランス型の投資信託をオススメする。バランス型投資信託とは国内外の株式・債権がバランスよく配分。運用会社にお任せで売買できるため、大きく値上がり、値下がりするリスクが小さい。


 学生時代にライブドア株を持っていた崔さん。しかしライブドアショックで一気に資産を失ったことで、コツコツ投資をする重要さを知り、現在の仕事についた背景があるだけに、その言葉には重みが!


 NISAを始める際には、どんな商品を選べばいいのか? 崔さんはランキングを見るのが重要と語るが、落とし穴も。


「買付件数ランキングを見て買おうとする人が多いけど、買付ランキング上位は手数料が高いかもしれないので注意。だから運用実績ランキングを見てほしい」(崔さん)


 運用実績ランキングとは投資の結果を示した成績表のようなもの。過去3年分を見て、その上位を選ぶのがポイント。また手数料が安いものを選ぼう。


 しかし絶対儲かるものではないのが投資。もし非課税期間を過ぎた5年後に損をしていたらどうしたらいいのだろうか?


 実は<ロールオーバー>という制度があり、新たな非課税枠に資金を移し、さらに5年間期間を延長できるという。もしも損をしていたら5年延長が鉄則!


「私の予想では、5年や10年という期間ではなく、永遠に続く可能性が高いと思う。国も辞めるメリットがないですから。長生き世代には資産形成するのが大事」(崔さん)


 崔さんのアドバイスを参考に、NISAを検討してみては?


okanekibun_0504_2.jpg

 そして授乳服専門ブランド・モーハウス代表取締役・光畑由佳さんが来店! 20年前に授乳服ブランドを立ち上げ、働くママを応援している注目の社長さんだ。


 実は今回の衣装も授乳服。襟の下にスリットが入っていて、そこを開くと授乳できるようになっているのだとか!


「気づかれないことが大きなポイント」(光畑さん)


 ブランドの立ち上げのキッカケになったのは、20年前のある出来事。第2子を出産した光畑さん。3歳の子を連れ、生後1か月の赤ちゃんを抱え外出した際に、電車の中で赤ちゃんが泣き始めた。


 お腹が空いているのが理由だとわかっていたが、頭が真っ白になっていたため、途中下車することを思いつかず、車内で授乳することを決意。周囲の目が気になり、恥ずかしい思いをしたそう。


「こういうことがあるから、出かけられない」(光畑さん)


 そこで授乳服作りを始めたものの、当初は誰も見向きもしなかった。


「多くのママたちは、私が我慢して外に出かけなければ問題ないからという反応で」(光畑さん)


 でも全国には絶対に求めている人がいるはずと思い、イベントなどで授乳ショーを開催するなど、ママたちが自由に出歩けることを伝えていく活動を始めた。その甲斐があり、現在では出産準備グッズの1つとして好評を得ている。


 多くのメディアで紹介される同ブランドだが、意外にも最初に受けた取材は授乳服のことではなかった。


「最初に新聞社から依頼があったのは働き方について。私自身は子供を連れて出勤するなんて珍しくないと思っていたけど、自分でもできると可能性を感じてもらえる人がいるならと」(光畑さん)


 そう語る光畑さんのお店では、実際に子供を抱えたまま接客しているスタッフも。子供が職場にいると仕事の邪魔になると思われがちだが、ママの近くにいるという安心からか、赤ちゃんもあまり泣かないんだとか。


「長い時間は子供も親も疲れるから、子育て期間中は短く小さく働く。今は介護する人も増えているので、女性だけの問題ではないと思います。0か100かではなく、両方大切にしていいと思います」(光畑さん)


 新しい概念を教えてくれた光畑さんの言葉から、新しい時代の仕事スタイルのヒントが見つかるかも?


okanekibun_0504_3.JPG

『お金のなる気分~欲張り女子のケーザイ学~』
放送時間:BSジャパンにて 毎週木曜 夜11時30分~深夜0時00分
出演:高橋真麻ほか
番組HP:http://www.bs-j.co.jp/official/okanekibun/