BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

夜汽車紀行 ~大杉漣が行く酒と涙のノスタルジック旅情~

俳優・大杉漣が旅人となり、高崎線・上越線・北陸本線を乗り継ぎ夜汽車の旅に出かけます。

旅の行程

1日目


発:15時44分

大杉漣さんを乗せた高崎線が、夕暮れの中を北北西へ。

夜汽車紀行


着:16時29分 発:19時25分

初めて降り立つ街、北本。目に飛び込んできた
「OSUGIDAPYON」(おすぎだぴょん)の看板。
店名に親近感を感じ思わず店のドアを押して中へ。
果して、店名の意味は…

夜汽車紀行


着:20時33分

高崎といえば、群馬の中でも大きな街。
面白いスナックがたくさんあるに違いない、大杉漣さんの
趣味心がウズウズする。高崎の街を、スナック探訪。
訪ね歩いて、店名の由来を聞くと、悲喜こもごも、
笑いあり涙ありの人生物語に触れる事になる。
人生とは予想外の連続。ふらりとライブに飛び入り。
夜の闇は人の口軽くする麻酔薬のようだ。

ページトップへ

2日目


発:12時22分

翌日…、すでに、陽は上り、時間は昼になろうとしていた。
旅人は、路線を高崎線から上越線に乗り換えて旅を続ける。

夜汽車紀行


着:15時36分 発:18時03分
快速くびきの4号

長岡は花火の町、歴史の町。
ひっそり佇むレトロな喫茶店でコーヒーを頂く。
つい話し込んでしまい、気づけば、まわりが暗くなっている。
この時間になると、恋しくなるのは、人の温もり。
大杉漣さんは早速、長岡の繁華街へ繰り出す。
そこで、ふと立ち寄った居酒屋で、旅人の青春時代の
映画仲間と会い、熱き日々を振り返る。



着:18時59分

港町、直江津。駅前には、森光子の筆による「放浪記」の一文がある。
林芙美子が愛した街を歩きたい…。思いを募らせ、直江津の夜に向かう大杉漣さん。

ページトップへ

3日目

夜汽車紀行



発:9時46分

翌朝、ホテルの厨房では、早朝から大勢の人達が駅弁作りに精を出す。去年行われた駅弁コンテスト「駅弁味の陣2012」で優勝した「鱈めし」。
予約していた弁当を買って、朝の日本海へ。


夜汽車紀行


発:11時50分着

北陸有数の街、富山へ。
昼下がりの富山、珍しい魚市場の昼セリ。
売られていたカニをその場でほおばる。

ページトップへ