BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

オーストラリア縦断3000キロ 過酷!ソーラーカーレース 日本の知恵と技術の結晶で挑む

番組内容

オーストラリア大陸をソーラーカーで縦断する世界最高峰のレース、「ブリヂストン ワールドソーラーカーチャレンジ」。北はダーウィンから南はアデレードまで、約3000kmを走破する時間を競います。ルートには砂漠地帯が含まれるほか、灼熱の太陽と砂嵐、時に山火事にも襲われる過酷な環境で行われます。2年に一度開催され、14回目を迎えた今年の大会には、世界21の国・地域から40チームが参加。日本での注目は、過去2回の優勝を誇る東海大学チーム。若者たちが日本の最先端技術を駆使して極限状態を克服する姿に密着しました。
普通の若者だった理系大学生を、過酷なレースに駆り立てたものとは。自然環境だけでなく、大会ルールの変更など増える難題と、これまでの経験がそのまま生かせない戸惑い。過酷な環境を乗り切ったときに訪れた変化とは。世界に比肩する強豪チームを最先端技術で支えた日本企業の “ものづくり魂“。
様々な角度から学生たちの挑戦を追います。

東海大学ソーラーカーチーム(東海大学)

クラス Challenger Class
チーム名 東海大学ソーラーカーチーム
大学名 東海大学
車両名 Tokai Challenger
チーム結成年 1991年(ライトパワープロジェクトとしては2006年から)
BWSC出場歴 7回目
過去実績 Bridgestone World Solar Challenge
・2015 (チャレンジャークラス, 3位)
Veolia World Solar Challenge
・2011 (1位)
South African Solar Challenge
・2010 (1位)
Carrera Solar Atacama
・2014 (1位)
Salsol Solar Challenge
・2012 (1位)
・2016 (2位)

大会ルール

走行時間
朝8:00よりスタートし、夕方5:00迄、1日のうち9時間のみがレースの走行時間となります。
時間をオーバーした場合には、ペナルティが発生します。
公式車検
出走前に「公式静的車検」と「公式動的車検」(テスト走行)を実施します。
本番のレースで走行するためには、現地での2つの車検に合格することが必須となります。
レース中の車両点検
コントロールストップごとに、全てのチームが30分停車して車両点検を実施します。
車両点検にて、60km/h以上で走行できないなど安全面に問題があると判断された場合や、時間内でのゴールが不可と判断された場合には、トレーラーで適切な場所まで牽引することになります。その後コースに復帰することは出来ますが、残念ながら順位はつきません。
安全面に対するその他ルール
その他、限界に挑む各チームの安全を守るため、以下のようなルールが定められています。
  • ・サポートカーが前後を挟んで並走する
  • ・熱中症予防のため飲用水を確保する
  • ・法定速度遵守
  • ・前後左右の視野確保
  • ・ライト/ウィンカー装備
  • ・運転時の適性な姿勢確保
  • ・シートベルト/ヘルメット着用

CHALLENGER CLASS 車両ルール

ソーラーパネル
2.64m2~4m2(素材によって制限サイズが異なる)
※タタミ1.5畳~2畳程度
車両
4輪、縦5m×横2.2m×高さ1.6m以内
※大きめの乗用車程度
乗車人数
1人乗り(2人以上のドライバーを設定し交替で運転)
ドライバー体重+重りで80kg以上になるよう調整
動力源
ソーラーエネルギーのみ