BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

武田鉄矢の昭和は輝いていた


第207回 1月26日
踊る昭和歌謡

昭和の時代に一世を風靡した歌謡曲を「リズム」という視点で、ひも解いていく。昭和30年代、マンボの王様ペレス・プラードの「マンボNo.5」の世界的ヒットによって日本にもマンボブームが到来。マンボのリズムを取り入れた曲が次々と発売された。このブームを先取りし、大ヒットしたのが、美空ひばりの「お祭りマンボ」。そして、カリプソリズムのヒット曲、浜村美智子の「バナナ・ボート」。このように海外生まれのリズムが次々と入ってくる中、日本独自の進化を遂げたリズムを取り入れた曲も次々とヒットする。それが、ドドンパ!空前のドドンパブームを巻き起こした「東京ドドンパ娘」を歌った渡辺マリが語る、リズム歌謡の魅力とは!?また、つのだ☆ひろが様々な楽器を使って軽快なリズムを生演奏!さらに、小林旭「アキラでツイスト」、藤木孝「24000のキッス」、植木等「ハイそれまでョ」など貴重映像も!!思わず、歌って踊りたくなる1時間!


終戦後、私たち日本人は、「未来のニッポン」を夢見て生活を豊かにするべく、文字通り“一生懸命”生きてきました。そこには、計り知れない“文化”が誕生しました。その文化は決して薄れることなく、確実に私たちの心の中に生き続け、間違いなく平成の今に受け継がれています。昭和回顧はもちろん、そんな心の琴線に触れるような番組をお届けします。