武田鉄矢の昭和は輝いていた|BSジャパン

BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

武田鉄矢の昭和は輝いていた


第227回 8月24日
心のふるさと“母”の歌

激動の時代を生き抜いた昭和の日本。苦難を乗り越える力となったのは、陰ながら家族を支え、たくましく、そしてひたむきに生きる母の存在だった。そんな母をテーマにした名曲にスポットを当てる。戦時歌謡としてヒットしたのが、戦地から引き揚げる息子を岸壁で待ち続けた母の心情を歌った、「岸壁の母」。この母のモデルとなった端野いせさんと交流のあった二葉百合子が語る真実の物語とは!?昭和30年代には、島倉千代子の「東京だョおっ母さん」、三橋美智也の「東京見物」など、まだ癒えぬ戦争の傷を歌った曲がヒット、そして、昭和40年代になると、母の思い出を歌った、森進一の「おふくろさん」、娘を思う母の気持ちを歌った「花街の母」などの名曲が誕生。さらに、フォークソングの母の歌からは、グレープの「無縁坂」、海援隊の「母に捧げるバラード」などを紹介。いつの時代も強く、凛々しい母の歌をたっぷりとお届けする1時間!


終戦後、私たち日本人は、「未来のニッポン」を夢見て生活を豊かにするべく、文字通り“一生懸命”生きてきました。そこには、計り知れない“文化”が誕生しました。その文化は決して薄れることなく、確実に私たちの心の中に生き続け、間違いなく平成の今に受け継がれています。昭和回顧はもちろん、そんな心の琴線に触れるような番組をお届けします。