BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

バックナンバー

  • 2017年 3月29日(水)

    JR東日本30周年トップ語る人口減に挑むトマトとは?ゲスト:冨田哲郎(JR東日本 社長)

    ゲストはJR東日本の冨田哲郎社長。民営化後、順調に業績を伸ばしてきたが、今後の人口減社会にどう立ち向かおうとしているのかを聞く。

    投資家が「再」注目 インド経済に何が?ゲスト:山田剛 (日本経済新聞 編集委員)

    今月、インドの地方議会選が開票され、モディ首相率いるインド人民党が重要な州で圧勝した。「モディノミクス」と呼ばれる経済改革は前進するのか、解説する。

  • 2017年 3月28日(火)

    どうなるトランプ米政権のテロとの戦いゲスト:高橋和夫(放送大学 教授)

    ロンドン中心部で襲撃事件が発生し、テロとの見方が強まっています。世界各地で相次ぐテロに、トランプ米政権は過激派組織「イスラム国」(IS)掃討へ軍事・財政面での協力を各国に要請しました。自国優先の「米国第一主義」を掲げる米国は、どこまで「テロとの戦い」に踏み込むのでしょうか。

    待機児童ゼロ目標 事実上断念かゲスト:石塚由紀夫(日本経済新聞 編集委員)

    働き方改革会議が実行計画を決めたが、残されたままの待機児童ゼロへの課題を解説する。

  • 2017年 3月27日(月)

    企業の株主還元が充実 配当を重視した新投資戦略ゲスト:小川佳紀(岡三証券 シニアストラテジスト) コメンテーター:坂本誠太(日経ヴェリタス 編集長)

    利益をどれだけ配当に回しているかを示す上場企業の配当性向が上昇しています。今後連続して増配が期待できるのはどんな銘柄なのでしょうか。3月26日発売の日経ヴェリタスのカバーストーリーと連動するとともに、証券会社のストラテジストによる独自の視点を交えてお伝えします。

    CeBIT2017 IT市場最前線ゲスト:関口和一(日本経済新聞 編集委員)

    欧州最大のIT見本市「CeBIT(セビット)」。今年は去年の10倍以上の日本企業が出展した。その背景と今年の最新動向を解説する。

  • 2017年 3月24日(金)

    社員のうつ病を減らすには 復職サポート方法を考えるゲスト:山口律子(NPO法人うつ・気分障害協会 代表)

    政府が働き方改革の柱として進める残業時間の削減について、繁忙期に例外として認める残業を「月100時間未満」とする案で労使が合意しました。果たして残業の上限規制で、うつ病を減らす効果が期待できるのでしょうか。うつによる休職から復職後まで、上司をはじめ周囲は、どのようにサポートすべきなのでしょうか。

    ロンドン緊急報告 テロが「ブレグジット」にもたらすものゲスト:(日本経済新聞 論説委員 編集委員)

    英国で起きた衝撃的なテロ事件は「ブレグジット」やヨーロッパの選挙にどんな影響を与えるのか。ロンドンからのリポートを送る。

  • 2017年 3月23日(木)

    森友問題証人喚問 元凶は政治のサボり!? 揺れる安倍政権の行方は?ゲスト:伊藤惇夫(政治アナリスト) コメンテーター:坂本英二(日本経済新聞 編集委員兼論説委員)

    「森友学園」の籠池泰典氏の証人喚問が23日に行われる。注目のポイントは何か。安倍政権への影響は。喚問を詳細に振り返って分析する。

  • 2017年 3月22日(水)

    豊洲問題 百条委員会の証人喚問は不完全燃焼!?ゲスト:北川正恭(早稲田大学マニフェスト研究所顧問・元三重県知事)

    都議会の百条委員会は豊洲移転問題の疑惑を追求できたのか?そもそも移転直前に問題となっているのは何が間違っていたのか?

    「運べないリスク」 働き方改革で解消できるかゲスト:志田富雄(日本経済新聞 編集委員)

    ヤマト運輸が宅配サービスの見直しで働き方改革への一歩を踏み出す。これで人手不足による「運べないリスク」は解消できるのか検証する。

  • 2017年 3月21日(火)

    東大・京大の合格実績第1位の駿台理事長に聞く!ゲスト:山﨑良子(駿河台学園 理事長)

    東大・京大などの合格者が発表された。東大・京大・国立医学部の合格実績も第1位の駿河台学園。その秘訣は?来年創立100周年を迎える理事長に今後の戦略や教育について聞く。

    突然の社長交代劇 百貨店業界の苦悩ゲスト:中村 直文(日経MJ 編集長)

    百貨店業界をけん引してきた三越伊勢丹ホールディングスで起きた突然の社長交代劇。その背景から業界の現状を取り巻く課題を読み解く。

  • 2017年 3月20日(月)

    株式市場も注目!急成長マザーズ企業次の一手はキャンピングカーゲスト:吉村英毅(エボラブルアジア 社長)

    昨年上場し一時は株価を初値の4倍強に上昇させたエボラブルアジア。投資家が注目する成長力の源泉とは。開拓に乗り出したキャンピングカー事業の勝算は。

    地方「独立宣言」 東京依存から自活へゲスト:林 英樹(日経ビジネス 記者)

    東京が成長すれば地方や日本全体が豊かになると考えられてきた時代は終わりつつある。東京が景気のけん引役でなくなっているのはなぜか、解説する。

  • 2017年 3月17日(金)

    トランプ・メルケル会談前夜 反移民・反EUの勢い止まるのか!?ゲスト:山崎加津子(大和総研 経済調査部 主席研究員)

    極右政党の勝利も予想されたオランダ下院選は、与党の第一党維持で幕を閉じた。反移民や反EUを掲げるポピュリズム(大衆迎合主義)の勢いはこれで収まるのか。

    EU離脱通告直前 英国の現状はゲスト:大林尚(日本経済新聞 欧州総局長)

    オランダの議会選で極右政党の議席が伸び悩んだ。ポピュリズムの流れは止まったのか。EU離脱通告直前の英から報告する。

  • 2017年 3月16日(木)

    米国が利上げ加速?そのとき株と為替はどう動くゲスト:壁谷洋和(大和証券 チーフグローバルストラテジスト) 藤代宏一(第一生命経済研究所 主任エコノミスト) コメンテーター:清水功哉(日本経済新聞 編集委員)

    米国は利上げのアクセルをこのまま踏んでいくのか。世界が注目する米金融政策と株・為替の行方を大胆予測。

  • 2017年 3月15日(水)

    東芝 アメリカ原発事業巨額損失の内情と残された選択肢ゲスト:郷原信郎(弁護士・郷原総合コンプライアンス法律事務所) コメンテーター:小笠原啓(日経ビジネス 記者)

    東芝の2016年12月期決算の発表をまたもや延期。上場廃止という可能性も。東芝は何を誤ったのか?東芝に残された選択肢は?

    軍事分野の研究 学界の姿勢は?ゲスト:吉川 和輝(日本経済新聞 編集委員)

    日本の科学者の代表機関「日本学術会議」が学問の軍事利用に慎重な声明を発表した。安保環境の厳しさが増すなか、日本は軍事分野の研究をどう進めるのか、現状と課題を分析する。

  • 2017年 3月14日(火)

    北朝鮮のミサイルに日本の防衛システムは?ゲスト:美根慶樹(平和外交研究所 代表) 田岡俊次(軍事評論家)

    ティラーソン米国務長官が15日に来日する。主要議題は北朝鮮の弾道ミサイルの脅威ついて。開発の進む北朝鮮のミサイルに日本の防衛システムは対応できるのか?

    遠のく財政健全化目標 議論低調の理由ゲスト:清水真人(日本経済新聞 編集委員)

    安倍政権が掲げる2020年度の基礎的財政収支の黒字化。達成困難との見方が強まる中、議論が低調な理由を探る。

  • 2017年 3月13日(月)

    有望株はキレイなオジサン プロが選ぶ光る投資先ゲスト:八尾尚志(レオス・キャピタルワークス シニア・アナリスト) 藤本誠之(SBI証券 シニアマーケットアナリスト)

    停滞気味の国内株式市場で、将来有望な銘柄は。レオス・キャピタルワークスの銘柄選び、キーワードは「キレイなオジサン」。SBI証券、藤本氏のねらい目は団塊の世代の現役引退をチャンスにできる企業だとか。

    地銀再編に異例の「介入」 政府の狙いはゲスト:小栗太(日本経済新聞 経済部デスク)

    相次ぐ地方銀行の再編に金融庁が待ったをかけている。政府が民間企業の合併に介入する裏側に何があるのか、解説する。

  • 2017年 3月10日(金)

    心臓病を自分の太ももの細胞で治す!?再生医療最前線 ゲスト:澤芳樹(大阪大学大学院心臓血管外科 教授)

    心臓病患者の太ももの細胞を採取してシート状にし本人の心臓に移植する再生医療が、保険適用で実用化されている。死因で2番目に多い心臓病は克服できるのか。

    ヤマト宅配問題は「物流革命」への序章ゲスト:石鍋仁美(日本経済新聞 論説委員)

    ヤマト運輸が荷物の急増と人手不足を受けて、27年ぶりの基本運賃引き上げを検討している。危機に瀕している物流業界はこの状況を打開できるのか。

  • 2017年 3月9日(木)

    北朝鮮の脅威と韓国の政治空白 今そこにある朝鮮半島リスクゲスト:武藤正敏(元駐韓大使)

    政治経済の屋台骨が揺らいでいる韓国。ミサイル発射など北朝鮮の度重なる挑発行為。急激に高まっている朝鮮半島を取り巻く危機について分析します。

    株主配当・優待が過去最高の理由ゲスト:鈴木亮(日本経済新聞 編集委員)

    上場企業の配当総額、株主優待の実施率がともに過去最高となる見通しだ。企業が株主への利益還元に力を入れる理由とは?

  • 2017年 3月8日(水)

    中国全人代 GDP目標引き下げの裏で進む金融不安 その深刻さは?ゲスト:柯隆(富士通総研 主席研究員)

    中国の国会に相当する全国人民代表大会が開催されている。経済通の李克強首相が注視するのは金融不安。どれだけ深刻なのか?

    マラリアが再上陸? 感染症対策の最前線ゲスト:宮田満(日経BP社 特命編集委員)

    マラリアなど、一度は途絶えたと思われた感染症が世界で相次ぎ復活している。対策を主導する日本の新たな取り組みを解説する。

  • 2017年 3月7日(火)

    「北朝鮮の危機、新たな段階」日米首脳が電話協議 各国どう動く ゲスト:小原凡司(東京財団 研究員) 大石格(日本経済新聞 編集委員)

    「在日米軍を攻撃する訓練成功」。ミサイルを4発同時に発射する訓練を実施した北朝鮮の国際メディアが7日報じました。日米韓、そして中国の出方は。

    震災から6年 岐路に立つ福島復興ゲスト:久保田啓介(日本経済新聞 論説委員)

    東日本大震災から間もなく6年。大きな岐路に立たされた、被災地の現状を解説する。

  • 2017年 3月6日(月)

    加速?失速?どうなるトランプ相場~円と株の行方はゲスト:木野内栄治(大和証券 チーフテクニカルアナリスト) 尾河眞樹(ソニーフィナンシャルホールディングス チーフアナリスト) コメンテーター:坂本誠太(日経ヴェリタス 編集長)

    注目の議会演説が終わり再び動き始めたトランプ相場。円安ドル高を追い風に日本株も昨年からの高値に迫ってきました。この流れは続くのでしょうか?

    中国「全人代」開幕 焦点は?ゲスト:伊集院 敦(日本経済研究センター 首席研究員)

    中国の国会にあたる「全人代」が開幕。対米外交の動きについて関心が集まる中、習近平国家主席の打ち出す政策とは?

  • 2017年 3月3日(金)

    豊洲問題 石原氏会見を徹底検証!移転決定への解明は?ゲスト:佐々木信夫(中央大学 教授) コメンテーター:坂本英二(日本経済新聞 論説委員)

    東京都の豊洲市場をめぐる問題で石原元都知事が会見を開く。移転を決定した当時の知事としてどこまで経緯を説明するのか?そして今後の証人喚問は?

    債務危機再び? 荒れる欧州国債 ゲスト:高井宏章(日本経済新聞 欧州編集総局)

    政治リスクに揺れるヨーロッパで国債市場が乱高下している。債務危機が再び起きるのか。市場の思惑を分析する。

  • 2017年 3月2日(木)

    アメリカVSイラン対立再燃!トランプ流中東政策の行方ゲスト:水口章(敬愛大学 教授)

    弾道ミサイル発射実験を行ったイランに対し追加制裁を決めたアメリカ。再び対立を深めている両国、混迷する中東情勢にどの様な影響を及ぼすのか?

    金利上昇でどうする?住宅ローンゲスト:田村正之(日本経済新聞 編集委員)

    住宅ローン金利が上昇傾向にある。今後の金利の動きを予測しながら、今だからできる返済額を抑える方法を解説する。

  • 2017年 3月1日(水)

    私の携帯がメダルに!服が都市油田?楽しく参加でリサイクルを黒字にゲスト:岩元美智彦(日本環境設計 会長)

    世界からそのリサクル技術が注目されている日本環境設計。綿も化繊も分けずに、どのようにリサイクルするのか?携帯電話からレアメタルを取り出すためのむし焼きとは?

    トランプ大統領議会演説 〝アメリカファースト〟具体策は?ゲスト:大石格(日本経済新聞 編集委員)

    トランプ大統領が就任後初の議会演説を行った。課題山積の外交・安全保障政策や経済政策について方針は明らかになったのか。選挙戦で強く訴えた「アメリカファースト」実現に向けた具体策の行方を読み解く。