BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

バックナンバー

  • 2017年 5月26日(金)

    毎月コツコツ&少額から…積立投資を徹底比較!ゲスト:竹川美奈子(ファイナンシャル・ジャーナリスト)

    超低金利が続く中、資産形成の手段として注目を集めるのが「積立投資」。来年スタートする「積立NISA」も含め、各制度の使い勝手を徹底比較します。

    米国「航空機にパソコン持ち込み禁止」の波紋ゲスト:蛯谷敏(日経ビジネス ロンドン支局長)

    今年3月から、中東や北アフリカから米国に向かう航空機への電子機器の持ち込みが禁止された。 いま、トランプ政権はその対象を欧州、さらに全路線に拡大しようとしている。実現の見通しと影響を分析する。

  • 2017年 5月25日(木)

    共謀罪法案 キノコ狩りで逮捕は本当?国会ですべき議論とは?ゲスト:野村創(弁護士)

    与党の強行採決で衆議院を通過した「共謀罪」法案。保安林でキノコ狩りをして逮捕はあるのか?一般人も捜査大将になるのか??

    本当に人手不足のせい? ヤマトの誤算ゲスト:大西孝弘(日経ビジネス 記者)

    宅配最大手のヤマト運輸が荷物の個数を減らす一方で基本運賃を値上げする。 原因は本当に人手不足や荷物の急増のせいなのか。 浮かび上がってきたヤマト経営陣の誤算とは何か解説する。

  • 2017年 5月24日(水)

    トランプ大統領 イスラエル訪問の成果はゲスト:前嶋和弘(上智大学総合グローバル学部 教授)

    トランプ米大統領が初めての外遊先は中東となった。サウジアラビアに続いて、イスラエル、パレスチナ自治政府を訪れる。イスラエルのネタニヤフ首相との会談による成果は。

    「退職金」の賢い受け取り方とはゲスト:田村正之(日本経済新聞 編集委員)

    老後を支える役割が増している定年退職金。 受け取り方次第で、その金額が変わると言う。どんな選択をすればいいのか解説。

  • 2017年 5月23日(火)

    ロシア疑惑でトランプ大統領窮地に!弾劾の可能性は?ゲスト:春名幹男(国際ジャーナリスト)

    次々と疑惑が浮上するトランプ大統領のいわゆる「ロシアゲート」。野党だけでなく身内からも批判の声が聞こえてくる中、弾劾裁判の可能性も。窮地に立たされたトランプ大統領の今後は?

    揺れる為替相場 円安を阻む「3つの力」ゲスト:清水功哉(日本経済新聞 編集委員)

    度重なる地政学的リスクに、ロシアゲート問題。揺らぐトランプ政権のあおりを受け、為替市場が荒れています。 なぜ円は安くならないのか?円安を阻む「3つの力」を解析します。

  • 2017年 5月22日(月)

    「TPP11」早期発効実現の条件はゲスト:菅原淳一(みずほ総合研究所 主席研究員)

    日本がリーダーシップを発揮し、アメリカ抜きのTPP11の早期発効を実現できるのか。専門家とともに分析します。

    NISA口座の大きな落とし穴 ゲスト:滝田洋一 (日本経済新聞社 特別編集委員)

    税金が優遇されるNISA=少額投資非課税制度。 いま、9月までに手続きをしないと 来年から課税されてしまうという事態に混乱が広がりつつある。混乱の原因と対策を検証する。

  • 2017年 5月19日(金)

    「北」は止められるか? 制裁強化の行方ゲスト:古川勝久(安全保障問題専門家)

    北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて国連安全保障理事会は緊急会合を開催。しかし制裁強化とはならなかった。「対北」今後のシナリオは?

    崖っぷちのトランプ氏 初外遊で名誉挽回なるかゲスト:ピーター・スピーゲル(FT ニュースエディター)

    「ロシアゲート」問題で大統領としての地位が危ぶまれているトランプ氏が初外遊として中東とヨーロッパを訪問する。 この外遊で名誉挽回となるのか、注目点をフィナンシャル・タイムズの記者が解説する。

  • 2017年 5月18日(木)

    イラン高まる地政学リスク!トランプ氏の核合意破棄と大統領選の行方ゲスト:水口章(敬愛大学国際学部 教授)

    イラン核合意で停止していた経済制裁停止。17日の更新でトランプ大統領は署名するのか?19日の選挙で強硬派の大統領が誕生する可能性が。中東経済、日本への影響は?

    〝AI=人工知能〟で変わる産業秩序ゲスト:小笠原 啓(日経ビジネス 副編集長)

    AI=人工知能が自動車や金融をはじめとした産業界の勢力図を塗り替え始めています。 いま何が起きているのでしょうか?

  • 2017年 5月17日(水)

    サイバー攻防戦! 北朝鮮が世界の銀行から現金奪う?ゲスト:山田敏弘(ジャーナリスト)

    サイバー攻撃が世界を揺るがしている。北朝鮮が世界各地の銀行にサイバー攻撃をしかけて、多額の資金を奪った疑いが浮上。米朝による水面下の攻防戦の裏側は?

    アジア「インフラ戦争」最前線 カンボジア取材報告

    インフラ投資をめぐって東南アジアでしのぎを削る日本と中国。 その競争の最前線、カンボジアで見た日本の取り組みと課題を、小谷キャスターが報告する。

  • 2017年 5月16日(火)

    あと2円、届くか2万円 どうなる日経平均?ゲスト:河合達憲(カブドットコム証券)

    16日の日経平均は一時、2万円にあと2円まで迫りました。けん引役となる企業の稼ぐ力を専門家とともに検証します。

    「TPP11」 日本の勝算はゲスト:太田泰彦(日本経済新聞 論説委員)

    日本は今週、ベトナムで開かれるTPP=環太平洋経済連携協定の閣僚会合で米国抜きの11カ国での発効を提案する。 その狙いと各国の思惑をシンガポールからの中継で分析する。

  • 2017年 5月15日(月)

    安倍総理緊急インタビュー 北朝鮮問題どう臨む?

    安倍総理大臣に緊急独占インタビュー。緊迫化する北朝鮮問題やTPP交渉、憲法改正など、山積する課題について聞きます。

  • 2017年 5月12日(金)

    決算ピーク!企業業績の注目点と市場の展望をプロに聞くゲスト:高橋和宏(大和証券 株式上席ストラテジスト) 糸島孝俊(コモンズ投信 運用部長)

    上場企業の2017年3月期決算がピークを迎える。同時に発表される18年3月期の業績見通しを基に株価の先行きを占う。

    仏新大統領の改革は円滑に進む?ゲスト:ギデオン・ラックマン(FT チーフ・フォーリン・アフェアーズ・コメンテーター)

    新大統領選で圧勝したマクロン氏が掲げる フランス国内、EUの改革は円滑に進むのか解説します。

  • 2017年 5月11日(木)

    中国経済 好調は本物かバブルか?ゲスト:津上俊哉(現代中国研究家・コラムニスト)

    海外送金規制と積極的なインフラ投資で副作用が現れはじめている。好調な経済指標の裏で、長期金利が急上昇している。これは一体どのような中国経済を映しているのか?

    消費者の”時間感覚”をつかんで収益拡大!ゲスト:中村直文(日経MJ 編集長)

    単に物を売るだけでなく、消費者が持つ“時間の感覚”を上手につかんで サービスを展開し、収益拡大を狙う飲食店や小売業の戦略に迫ります。

  • 2017年 5月10日(水)

    韓国に革新政権 混乱する政治・経済を立て直せるか?ゲスト:武藤正敏(元駐韓大使)

    韓国大統領選で文在寅(ムン・ジェイン)氏が勝利しました。高い失業率や政経癒着など、韓国の国民が抱える不満を解消できるのでしょうか。検証します。

    看板に偽りアリ? 「テロ等準備罪」の問題点ゲスト:坂口祐一(日本経済新聞 論説委員)

    犯罪を計画した時点で処罰の対象とする、「テロ等準備罪」。 本当にテロを防ぐ手立てとなるのか。本来の目的は何か。徹底的に解説します。

  • 2017年 5月9日(火)

    一騎打ち!韓国大統領選 対北朝鮮の政策は?ゲスト:朴一(大阪市立大学院 教授) 伊集院敦(日本経済研究センター 首席研究員)

    混迷続く隣国、その韓国のリーダーとなるのは?一騎打ちとなった大統領選。対北朝鮮政策は?そして反日運動はエスカレートしていくのか?

  • 2017年 5月8日(月)

    新大統領誕生、フランスの行方はゲスト:平林博(元駐仏大使・日印協会理事長)

    フランス大統領選の決選投票の結果を紐解きながら、今回の選挙戦の背景にある欧州の課題を検証していきます。

  • 2017年 5月5日(金)

    損することも…生前贈与、正しく使って賢く残す!ゲスト:平林亮子(公認会計士)

    相続税対策の一つとして生前贈与への関心が高まっているが、やり方次第では損をすることも。大事な資産を賢く残す方法とは。

    英国とEU 離脱交渉を前に関係悪化ゲスト:ライオネル・バーバー(フィナンシャルタイムズ 編集長)

    今月3日、メイ英首相が異例のEU批判をしました。 急速に悪化している英国とEU=ヨーロッパ連合、 それぞれの思惑をFTの編集長が解説します。

  • 2017年 5月4日(木)

    尿一滴でがんを早期発見!どこにでもいる線虫が93%の感度でなぜ?ゲスト:広津崇亮(HIROTSUバイオサイエンス 社長)

    肺がんや大腸がん、発見が難しい膵臓がんなどもわずか数千円で発見できる線虫を使った判別法とは?なぜステージ0でも反応するのか。2020年の実用化に向けて課題は?

    韓国大統領選の直前情勢 ゲスト:伊集院敦(日本経済研究センター 首席研究員)

    来週9日に迫った韓国大統領選、文在寅(ムン・ジェイン)氏が優勢と見られているが本当なのか? 現地取材し昨日帰国した専門家が最新情報をお伝えします。

  • 2017年 5月3日(水)

    「点検 トランプ政権100日」③それでもトランプを支持する人たちゲスト:西山隆行(成蹊大学 教授)

    産業が衰退し、雇用が枯渇した中西部ラストベルトの白人労働者たちの多くは、トランプ大統領支持を続けます。なぜ政策を実現できない大統領に期待を抱くのでしょうか。経済格差がもたらす米国社会の深刻な分断について考えます。

    企業が注目する 「高専」の実力ゲスト:田中陽(日本経済新聞 編集委員)

    いま「高専」=高等専門学校に企業が注目しています。 高い技術を持った人材を輩出する、その知られざる教育システムを解説します。

  • 2017年 5月2日(火)

    「点検 トランプ政権100日」②北朝鮮と大規模衝突?ゲスト:春名幹男(国際ジャーナリスト)

    トランプ政権が誕生して100日が経った。シリーズ2日目はトランプ政権の安全保障について。支持率が低迷する中、外交・安全保障では支持率が高い。対北朝鮮や中東政策の今後は?

    憲法施行70年ゲスト:大石格(日本経済新聞 編集委員)

    現行の憲法が施行されてから70年が経過した。憲法改正をめぐって、 賛否が拮抗しつつあるなか、改憲論議の行方について解説する。

  • 2017年 5月1日(月)

    「点検 トランプ政権100日」①米経済政策の行方は。ゲスト:山﨑達雄(前財務官)    

    トランプ政権発足から100日が経過。市場を揺り動し続ける経済政策の今後を、専門家をゲストに招き検証していきます。

    日露首脳会談 日本の「果実」はゲスト:池田元博(日本経済新聞 上級論説委員)

    北朝鮮情勢が緊迫する中で行われた日露首脳会談。合計17回目となる安倍・プーチン両首脳の会談で、 北方領土問題に進展はあったのか。日露間の「共同経済活動」に潜むリスクを解説する。