BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?

本編動画公開中

未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?

番組概要

日経新聞社が2010年からスタートさせた未来会議プロジェクト。企業や団体の経営者が読者に課題を提示し、日本の成長に向けた斬新で具体的なアイディアを発信していく。
今回は「農業と農村はどうすればもっと元気になる?」を番組テーマに据え、読者から寄せられたアイデアが、すでに形になっている農業の現場を取材。新たな発想で農業の再生に挑戦する取り組みを紹介する。

千葉県鴨川市。房総半島のほぼ真ん中にある山あいの農村。この山あいの農村には週末になると子供から大人まで多くの人が押し寄せる。鴨川市が作った棚田オーナー制度を使って田んぼの耕作権と収穫権を得た人たちだ。

平成11年には「日本の棚田百選」にも選ばれたこの地域だが、かつては耕作放棄地となり、森林に返ってしまう危機に瀕していた。東京から一番近い棚田として脚光をあびるまでになった「大山千枚田保存会」の取り組みを見ていく。

茨城県行方市にある「なめがたファーマーズヴィレッジ」。週末になると関東近郊から大勢の観光客が来場し、昨年は年間26万人の人がここを訪れた。現在はサツマイモを中心とした農業体験型テーマパークとして成功しているが、かつては少子高齢化による農業の担い手不足で同エリアの耕作地は減る一方だった。

地方創成を目指しタッグを組んでファーマーズヴィレッジを作った企業・JA・行政・農家のこれまでの取り組みを追っていく。

本編動画

ギャラリー

戻る

次へ

  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?

  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?
  • 未来会議プロジェクト 農村はどうすればもっと元気になる?

戻る

次へ