BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

未来EYES

トップへ戻る

番組は終了しました。

2017年9月24日

名古屋工業大学 大学院工学研究科

足を使い歩くこと、走ること―――――
我々人類以外にも、多くの生きとし生ける者が当たり前に行っていること。しかし、誰しもいつかはそんな当たり前のことにさえ、不自由を感じるようになり、また中には病気などで足を使うことが困難な人もいる。
そのような問題を少しでも解消しようと、人間が歩く「原理」をとことん追究し、
エンジンやコンピューターなどが付いていない「動力ゼロ」の歩行支援機を開発した、名古屋工業大学の佐野明人教授。
佐野氏は今仙技術研究所と振り子の動きとバネの動きが作用して脚の振り出しをアシストする無動力歩行支援機『ACSIVE(アクシブ)』を共同開発。現在では健常者の歩行アシストのため『aLQ by ACSIVE』も発売開始した。
そんな彼の研究室では受動歩行や受動走行を可能としたロボットの開発に成功。中にはギネス世界記録を認定した「世界で最も長く歩いた受動歩行ロボット」も見られる。所属している研究生たちは日々ロボットと向き合いながら、よりよい開発・改良のため試行錯誤を続けている。
自らの研究・考察から見据える未来の姿とは?「必要なモノだけを残した引き算の開発」に取り組む佐野氏の今に迫る!

番組提供スポンサー
富士ゼロックス
大人の好奇心を刺激するエンターテイメント枠、7Nights!