BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

番組表

おとなの旅

2015.04.14

密教に触れる旅 高野山

空海によって開かれ1200年の悠久の時を刻んできた高野山。今年は高野山1200年を記念して、秘蔵の貴重な国宝や文化財を公開!真言密教の聖地には、撮影禁止の聖域も…また、趣向を凝らした精進料理や高野豆腐を使ったスイーツ、旅人も出来る修行など、高野山ならではの食や体験も楽しめます。今回は高野山を訪れる旅。密教の世界に触れ、心を癒す旅へ出かけてみませんか?

今回は、高野山を訪れる旅。

旅の出発は、高野山の麓にある橋本駅から。特別列車「天空」に乗って向かいます。

photo1

photo2

前2両は、全席指定の展望シート。50分かけて鮮やかな新緑の景色の中を上っていきます。到着した極楽橋駅で、ケーブルカーに乗り継ぎます。辿り着くのは高野山駅。ここから車でおよそ10分の場所に、空海直筆文字の写しを掲げた大門があります。高野山の入口です。

空海は、中国・唐に渡って密教の正当な継承者として認められ、帰国後、816年に真言密教を広めるために、高野山を開きました。その最初の場所が、壇上伽藍です。様々な御堂や塔が立ち並ぶ、僧侶の修行の場です。この壇上伽藍を中心に、高野山には117もの寺が存在し、一大宗教都市を形成しています。

「1200年守られてきた伝統」

photo1

photo2

高野山では、5月21日まで、開創1200年を記念した大規模な法会(ほうえ)が執り行われています。記念事業の一環として、霊宝館(れいほうかん)では、貴重な国宝や重要文化財を特別に展示。大日如来の化身である、不動明王に従う「八大童子立像(はちだいどうじりつぞう)」を、すべて揃えて公開しています。

他にも、高野山の宝を期間限定で公開中です。

photo3

高野山では、歴史を感じさせる建造物巡りも楽しめます。高野山のシンボルとされている根本(こんぽん)大塔(だいとう)。四角形と円形からなる日本で最初の多宝塔(たほうとう)様式と言われています。

1843年に焼失した中門(ちゅうもん)は、1200年記念事業として172年振りに再建され、4月2日から公開されています。

自然の中で厳かな空気が漂う高野山において、最も神聖な場所が、奥之院(おくのいん)です。杉木立に囲まれた参道は、御廟(ごびょう)へと続いています。御廟では、空海が今も生きていると信じられています。

pagetop