BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

番組表

おとなの旅

2014.12.15

桑名

木曽川、長良川、揖斐川の木曽三川の河口には水の都が広がっています。いつの時代も水と共に暮らしてきた街・桑名。かつては東海道の宿場町として栄え、今は日本一のイルミネーションが夜を彩る街です。水の恵みを感じる景色と食を楽しむ旅へ出かけてみませんか。

三重県北部、桑名。
江戸時代、東海道で唯一、海路で結ばれていた宿場町でした。

photo1

photo2

「七里(しちり)の渡し」は、その船旅の距離が七里、およそ28キロメートルだったことから、名が付きました。

伊勢国(いせのくに)の入口で迎えるのは、「一の鳥居」。東から来た旅人は鳥居をくぐって街道を行き、伊勢神宮へと向かったのです。古の時代から、海に面したこの地は豊かな水と共に暮らして来ました――

「ヴェニスを思わせる水の都」。
桑名は、水運の拠点として栄え、水路沿いの堀には、江戸時代初期に築かれた石垣が、当時のまま残されています。

photo3

水の都で楽しまれた食は、ハマグリ。
「その手は桑名の焼き蛤」という言葉遊びで知られ、今も街の名産品です。

早朝6時半、漁船は一斉にハマグリ漁へ。早起きをすれば見られる桑名の朝の風景です。

photo4

獲れたての地元の幸を味わう。明治時代に創業した蛤会席発祥の店では、ハマグリづくしの料理が楽しめます。土産には、ハマグリの時雨煮(しぐれに)を。貝の旨みが溶け出した溜(たまり)を大鍋に入れ、ふっくらと煮て行きます。

一つひとつ手でむき、代々注ぎ足し注ぎ足し使っているたれで煮た、ハマグリの時雨煮。食欲をそそる逸品です。桑名には、もう一つ、海で育まれる名産品があります。

pagetop