BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

番組表

おとなの旅

2014.10.20

鹿児島

桜島が見守る鹿児島。この街で、新しい名物として注目されている食材、それは地鶏です。柔らかな食感、さっぱりとした脂の甘味、深みのある味わいが特徴です。捌いてから間もない新鮮な味は、この地を訪れなければ楽しむことが出来ません。街の新たな味を堪能する旅へ出かけ食欲と共に旅の心も満たしてみませんか。

photo1

九州南部の鹿児島。
駅から車でおよそ15分の場所に、この地の伝統工芸品を紹介する施設があります。

幕末からの歴史を誇る、薩摩切子です。
薩摩切子は、第11代薩摩藩主・島津斉(なり)彬(あきら)が、海外との交易を目的に開発、製造を命じた品。薩摩出身の篤姫が、13代将軍・家定の元へ嫁いだ際には、嫁入り道具の一つになりました。

photo2

photo3

工芸館の隣にある工房では、製造の様子を見学することが出来ます。薩摩切子の特徴は、色のぼかしにあります。透明なガラスの外側に色の着いた厚いガラスを被せ、その表面をカットすることによって、二層のガラスの境に絶妙な色合いを作り出します。

職人が生み出す色彩の濃淡は、いつの時代も人々を魅了し、薩摩切子は、鹿児島の誇りとして輝き続けています。

工芸館では、展示品を購入することが出来ます。人気の品は、色鮮やかな6色のお猪口。実用品として使う他、美しさを鑑賞して楽しむ人も多いようです。

pagetop