BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

番組表

おとなの常宿 上質な宿を紹介

2014.08.13

花の雲 別荘

伊豆高原に佇む離れの宿。森の奥へと誘う通り道を行くと、木の存在感を放つ宿があります。緑の木々に包まれ、歴史を刻んだ木と触れ合い聞こえてくる自然の音に耳を傾けてみませんか。

photo1

静岡県伊東市。
城ヶ崎海岸を望む伊豆高原は、緑に包まれています。

生い茂る木々が夏の陽射しをさえぎる、木陰の小路を行くと――
緑の中に、『花の雲 別荘』があります。

門をくぐり、更に森の奥へと誘う通り道を行きます。辿り着いた階段の先が、客室の入口です。郷愁を誘う引き戸を開けて、中へ――

photo2

離れの一棟、「スイート・ヴィラ 閑(かん)」。群馬県で蚕を飼っていた農家の建材を、再利用して建てられました。およそ100年の時を刻んだ古い木材です。開放感を持たせた天井に組まれているのは、アカマツの梁。太く頑丈な梁を選び、新たに構えました。

木材を組んだかつてのほぞ穴は、先人が木と暮らした歴史を感じさせます。

床もアカマツ。床板は傷みやすいため、質の良い古いものは貴重とされています。客室の「閑」という名前の通り、木の設えに囲まれて過ごす静かなひと時――

古い梁は、室内の調度品にも再利用されています。

屋根を支えていた梁が形を変え、横たわる人の重さを支えるベッドに。木の肌触りや木目の美しさを、間近で感じさせてくれます。

pagetop