BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

番組表

おとなの常宿 上質な宿を紹介

2014.04.30

落合楼 村上

洒落た意匠を見つけながら、穏やかな時を過ごす宿。国の有形文化財に指定されているこの宿は、職人の遊び心あふれる趣向によって、宿の至る所に意匠が隠されています。職人の意匠を見つけ、心を弾ませてみませんか?

photo1

静岡県伊豆市。伊豆半島の中央部に位置する温泉郷・湯ヶ島。天城山の名瀑・浄蓮の滝を始め、自然が豊かな山間に――

今夜のおとなの常宿、『落合楼 村上』があります。昭和初期に建てられた宿。

1997年、良質な材料、再現出来ない職人の技工などによって、国の有形文化財に指定されました。文化財の一つ、108畳の宴会場「紫檀(したん)の間」。床柱は、銘木・紫檀の丸太。凛とした雰囲気を醸し出しています。

photo2

何気なく窓ガラスを見ると……
昭和初期に手作りで製作されたガラスは、表面に凹凸があるため、景色が歪んで見えます。館内には、陽の光が溢れる読書室も。大正ロマンの漂う一室で、読書に浸れます。

湯ヶ島で小説「伊豆の踊子」を執筆した川端康成は、度々宿を訪れ、心を癒したそうです。職人の遊び心あふれる趣向は、今も訪れる客の目を楽しませてくれます。欄間には、蜘蛛の巣が……

pagetop