BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

番組表

マンスリー特集 様々なテーマを4週に渡って紹介

2015.02.04

無人島を買う魅力

瀬戸内の海を染める夕陽を自分が買った島から眺めるのは、タレントの清水国明さん。2年前、清水さんは山口県にある無人島の土地を2000万円で購入しました。無人島には、どのような魅力があるのでしょうか?清水さんは、無いことによって得られる満足感があると言います。今回は無人島を手に入れる魅力と知っておくべき心得に迫ります。

ニッポンには、有人無人を併せるとおよそ7000の島があります。

photo1

まずは、無人島を購入するときの心得を学びます。教えてくれるのは、国内外の無人島物件を数多く扱う不動産会社「アクアスタイルズ」の佐藤政信(まさのぶ)さんです。まずは、どれくらいの値段で無人島を買うことができるのか、売れ筋の価格を聞きました。

「今まで僕が売ったのは2千万から5千万円。扱っている国内物件は5億円が最高額。海外にはもっと破格の高額物件もある。それらは住環境などインフラが整っている」

続いては、無人島を買うときの心得。他の不動産と違う点が大きくは2つあると言います。
無人島は、一括で購入する不動産。

「無人島はローンを組むことができない。無人島は不動産として流動性がないので、不良債権を嫌う銀行は貸したがらない」

無人島は開発の基盤づくりが難しい。

「再開発するためには重機や資材を運び降ろすための船を付ける桟橋が必要。桟橋を作るには地元の漁協と協議整備がされている物件を買うのが良い」

これまで多くの無人島を扱ってきた佐藤さんがオススメするのが…広島県にある「藍之島」です。

「値段は高いがズバ抜けて良い無人島」

photo2

瀬戸内海に浮かぶ藍乃島の面積は、およそ東京ドーム1.5個分。本土の安芸津港から船でおよそ5分と近い距離にあるため携帯電話の電波も届きます。藍乃島に船を近づけると…石垣の堤防と古い建物が見えます。

「利点は有人島だったので、整備をすればかなり良い船着き場が作れる無人島」

pagetop