BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

番組表

マンスリー特集 様々なテーマを4週に渡って紹介

2014.08.04

ご飯で健康~精米にこだわる、雑穀米など

日本人の食生活に欠かせない、米。精米方法によって栄養も様々。今夜は健康のための米選びを学びます。精米方法や雑穀のブレンド等、健康を考えて米を選んでみませんか?

100社以上の企業で健康アドバイザーを務める管理栄養士・道江美貴子(みちえみきこ)さんに米に含まれる栄養について聞きました。

「お米の主要栄養素である炭水化物は私たち人間にとって最大のエネルギー源になります。エネルギーを生み出しやすいということは体温を上げて一日を活動的にしてくれるとても大切な栄養素なんです」

日本の代表的な食材、米。
精米方法によって呼び名の違う3つの米が、いかに私たちの身体を健康にしてくれるのか、見ていきます。

まずは、私たちが最も食べる機会の多い白米。 収穫した米から糠(ぬか)と胚芽(はいが)を取り除き、精米したものがいわゆる白米。主要栄養素である炭水化物から取れる糖質は体を支える重要な役割をしてくれます。

体を支える重要なエネルギー源を生み出してくれる白米。精米されているからこそ、食べても消化が良く、それが素早くエネルギーに変わり疲労回復や体力アップにつながるのです。

では、白米に比べ、残した胚芽の部分に栄養素が含まれているという胚芽米では?胚芽に含まれるビタミンB1によって、素早くエネルギーに変換することができるのです。

糠と胚芽をそのまま残した「玄米」。栄養素の高い米として健康志向の高い人たちに好まれる米ですが、一方で、敬遠する人が多いのも事実。その理由は?

「玄米ですと、糠とか皮が残っていますので吸水がしにくいという面と消化があまりよくないという点があるんですね」

しかし、玄米も、炊く時に少しの工夫をするだけで美味しく食べられると言います。

pagetop