BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

番組表

マンスリー特集 様々なテーマを4週に渡って紹介

2014.07.07

美を作り出す比率

美しいと感じる作品や建築物の多くには数字が隠れています。美と数字の深い関係の秘密は比率。今回は美しさを作り出す2つの比率を紹介します。建築物、芸術、自然界などあらゆるところに比率はひそんでいます。日々の生活で美しさを導く比率を探してみませんか?

photo1

美の象徴と言われる「ミロのビーナス」には私たちに美しさを感じさせる、「黄金比(おうごんひ)」と呼ばれる数字が関わっているのだと言います。美と数字の深い関係とは?

マンスリー特集おとなのための数字今夜は美を作り出す比率に迫ります。まずは黄金比とはなんなのか、学んでいきましょう。

photo2

教えていただくのは数学や物理をわかりやすく伝えてくれる数字のスペシャリスト 桜井進さん。

黄金比というのは相似の中に表れる数です。相似(そうじ)とは辺の長さの比率と、角が同じ図形のことを言います。正方形の上下の辺を延長し、長方形を描きます。この時、青の部分が、全体の長方形と「相似」になっています。延長で作られた青色の長方形を横に倒すと…ふたつの図形が相似になるのがわかりますよね?

photo2

この青色の長方形は図形の中に相似になる長方形を次々に生み出すことができるのです。縦と横の比率は1対1.618(イチ タイ イッテンロクイチハチ)この比率こそが黄金比なのです。

古代ギリシャの建造物、パルテノン宮殿(きゅうでん)は、その縦と横の比率が黄金比。「ミロのビーナス」は頭からへそまでと、へそからつま先までの長さ。そして胸の幅と腰の幅がそれぞれ黄金比で作られているのです。

pagetop