BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

番組表

マンスリー特集 様々なテーマを4週に渡って紹介

2014.05.12

エンディングノートの活用法


佐藤さんは、自分の死について強く意識するようになったのです。佐藤さんのエンディングノートはまだ3分の1ほどしか埋まっていませんが、じっくり書き進めているそうです。エンディングノートがきっかけとなり、親と子の間に、新たな絆が生まれたと、理絵さんは言います。

エンディングノートは、実の子どものためだけではありません。義理の娘のために書いている方もいます。埼玉県蕨市。三世代が暮らす田村さん一家。専業主婦の田村恵美子さん、恵美子さんの母のちやさん、そして、恵美子さんの息子の妻、光子さん。

恵美子さんは、最近、義理の娘の光子さんのために、エンディングノートを書き始めました。自分が義理の父を亡くした際に、長男の妻として大変な苦労をしたことがきっかけだと言います。同じような苦労を光子さんにさせたくなかったのです。

家族のことを思う恵美子さんに触発され、光子さんもエンディングノートを書き始めたそうです。エンディングノートをきっかけに深まる家族の絆。最近では、コミュニケーションを深めることを目的としたエンディングノートも出ています。

昨年発売された、こちらのエンディングノートは、子どもが親から話を聞いて、書き記していくというものです。著者で、相続問題が専門の税理士 天野隆さんに出版の意図を聞いてみると…

心と心をつなぐエンディングノート。皆さんも、自分たちなりの使い方で、家族の絆を深めてみては、いかがですか。

pagetop