BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

ストーリー

2018年6月23日放送 第10話「奪われた女」

万時山に銃を突きつける咲子だったが、やはり撃つことは出来ない。一度は信じた万時山が、悪人だと思えなかった。
そこに十五図組の組員も鉢合わせるが、万時山は咲子達に加勢し逃してくれた。万時山もまた、咲子に胸打たれ、改心する気持ちになっていたのだ。その後、咲子と伊崎が女医の一子が用意したアパートに身を潜める。伊崎の怪我を癒すため、夫婦のような生活を送る。体を重ねることはなかったが、次第に情は移っていった。
そんな中、咲子を援助してくれていた香苗が病に倒れ、娘のあおいに咲子を匿っている事を伝える。自分が死んだ後の咲子を頼んだのだ。そんな香苗に、咲子は窓越しに頭を下げることでしか感謝を伝えられなかった。

すると数日後、咲子のもとにある連絡が飛び込んで来る。空白の1年の間に産んだ息子・一樹が誘拐されたというのだ。現場にはメモが残されており、咲子と伊崎は指定された山荘へ向かう。危険は分かっていたが、綱男を失った咲子は、彼との間に生まれた息子まで奪われるわけにはいかなかった……。

フォトギャラリー

すべての画像を見る

ストーリー一覧

©「逃亡花」製作委員会2018

ページトップに戻る