BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • SNS一覧
  • お問い合わせ
71
2017.08.17
大政奉還と水戸学 ~茨城県水戸市~

今回のミステリアス・ジャパンの舞台は、茨城県中部にある水戸市。
県庁所在地で、およそ27万人が暮らす大都市。

この町の代名詞といえば、テレビドラマでおなじみ、黄門様と慕われる徳川光圀。
全国を行脚し、世直しをしたイメージで知られる光圀だが、のちに日本を大きく変えることとなる学問「水戸学」を生み出した学者でもあった。

  • 大政奉還と水戸学 ~茨城県水戸市~

尾張、紀伊と並び、御三家と称された水戸徳川家。江戸幕府最後の征夷大将軍となった15代慶喜は、水戸徳川家の出身。そんな慶喜が、京都の二条城で、政権を天皇に返上した「大政奉還」を行った理由は、水戸学にあったという。

水戸学の生みの親、徳川光圀。家康の孫であり、水戸徳川家2代藩主である。
水戸黄門、黄門様と称され、庶民に広く慕われた。
そんな光圀をまつり、水戸学に深いゆかりを持つのが「常磐神社」。
日本三名園の一つ「偕楽園」に隣接して、明治初年に創建された。そして明治6年に、
明治天皇の勅旨をもって「常磐神社」となった。しかし、境内は、昭和20年8月に戦災で焼失。現在の建物は、全国の崇敬者からの浄財によって、昭和34年に造営された。
優美な能舞台もある。

  • 大政奉還と水戸学 ~茨城県水戸市~
  • 大政奉還と水戸学 ~茨城県水戸市~
  • 大政奉還と水戸学 ~茨城県水戸市~

ご祭神は、義公と諡された、水戸2代藩主・光圀公と、烈公と諡された水戸9代藩主・斉昭公。それぞれの名前をとって命名された資料館「義烈館」には、ゆかりの品々が展示されている。水戸では「追鳥狩」と呼ばれた軍事演習で、合図に使うために斉昭が造らせた陣太鼓や、黒船来航の時に斉昭が造らせた大砲。さらに、のちに水戸学を生み出した、
光圀が手がけた402巻にもおよぶ歴史書「大日本史」の木版本も展示されている。

  • 大政奉還と水戸学 ~茨城県水戸市~
  • 大政奉還と水戸学 ~茨城県水戸市~

大日本史とは、初代・神武天皇から、第100代後小松天皇まで、紀伝体という人物中心の歴史をまとめた、「漢書」などの中国の正史や「史記」などに採用された歴史書の形態で編纂された。光圀は、日本という小さな国が2千年以上に渡って一度も滅亡したことがない理由を明らかにしたいと考えたのだという。
それが水戸学となり、その教えは、慶喜が大政奉還を行った理由にもつながるという。

次回もミステリアスな世界へご案内しましょう。