BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • リリース
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

講師

伊藤隆敏(いとう・たかとし)

1973年一橋大経済卒、79年米ハーバード大大学院経済学博士。91年一橋大教授、2004年東京大大学院経済学研究科兼同大公共政策大学院教授。12年同大公共政策大学院長。14年から政策研究大学院大学教授兼東京大公共政策大学院特任教授。専門はマクロ経済学、金融政策、国際金融。

伊藤元重(いとう・もとしげ)

1974年東京大経済卒、78年米ロチェスター大大学院経済学博士。93年東京大経済学部教授、96年同大大学院経済学研究科教授。2007年同大経済学部長。専門は国際経済学、ミクロ経済学。

元橋一之(もとはし・かずゆき)

1984年東京大工学卒、86年東京大大学院土木工学修士、通商産業省入省。95年~98年OECDエコノミスト、2000年慶応大大学院商学博士。06年東京大先端科学技術研究センター教授を経て同年から同大技術経営戦略学専攻教授。専門はグローバルビジネス、イノベーション、知的財産。

柳川範之(やながわ・のりゆき)

大検合格後1988年慶応大経済(通信教育課程)卒、93年東京大大学院経済学博士。慶応大講師を経て、96年東京大学大学院経済学研究科助教授。2011年から同教授。専門は金融システム、法と経済学。

土居丈朗(どい・たけろう)

1993年大阪大経済卒、99年東京大大学院経済学博士。2009年から慶応大経済学部教授。専門は財政学、公共経済学。

佐々木百合(ささき・ゆり)

1995年一橋大大学院商学研究科博士後期課程単位取得。2000年一橋大博士(商学)。一橋大学助手、高千穂商科大学講師、高千穂商科大学助教授、明治学院大学助教授を経て、07年から明治学院大学経済学部教授。専門は金融論、国際金融論。

安藤至大(あんどう・むねとも)

1998年法政大経済卒、2004年東京大博士(経済学)。同年政策研究大学院大学助教授、07年から日本大大学院総合科学研究科准教授。専門は契約理論、労働経済学、法と経済学。

安田洋祐(やすだ・ようすけ)

2002年東京大経済卒、07年米プリンストン大経済学部博士。同年政策研究大学院大学助教授、14年から大阪大経済学部准教授。専門はゲーム理論、産業組織論、マーケットデザイン。

清水順子(しみず・じゅんこ)

1982年一橋大経済卒。チェース・マンハッタン銀行、日本興業銀行、バンクオブアメリカ、モルガンスタンレーなどに勤務。 2004年一橋大博士(商学)。一橋大助手、06年明海大学准教授、08年専修大学准教授、12年から学習院大学教授。専門は国際金融論。

加藤久和(かとう・ひさかず)

1981年慶応義塾大学経済学部卒業、1988年筑波大学大学院経営・政策科学研究科修了。 国立社会保障・人口問題研究所室長、明治大学政治経済学部助教授を経て、2006年より明治大学政治経済学部教授。 専門は人口経済学、社会保障論、計量経済学。

小黒一正(おぐろ・かずまさ)

1997年京都大学理学部卒、大蔵省(現財務省)入省。財務省財務総合政策研究所 主任研究官などを経て、2010年一橋大学大学院経済学博士。同年一橋大学経済研究所准教授。 法政大学経済学部准教授を経て、2015年から法政大学経済学部教授。専門は公共経済学。

入山章栄(いりやま・あきえ)

1996年慶応義塾大学経済学部卒業。98年同大学大学院経済学研究科修士課程修了。三菱総合研究所を経で調査・コンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院より博士号取得。同年米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクールのアシスタント・プロフェッサーに就任。2013年から早稲田大学ビジネススクール准教授。専門は経営戦略論および国際経営論。

大橋弘(おおはし・ひろし)

1993年東京大学経済卒、95年東京大学大学院経済学修士、2000年ノースウェスタン大博士、03年東京大学大学院経済学研究科助教授、07年同准教授、12年から同教授。専門は産業組織、競争政策。

滝田洋一(たきた・よういち)

1981年日本経済新聞社入社。証券部、金融部を経て87年にチューリヒ支局長。95年経済部編集委員、2008年米州総局(ニューヨーク)編集委員、09年論説副委員長。11年から編集局編集委員。マクロ経済や金融を担当。主な著書に「日米通貨交渉 二十年目の真実」「日本経済 不作為の罪」(いずれも日本経済新聞出版社)など。

滝順一(たき・じゅんいち)

1979年日本経済新聞社入社。産業部、新潟支局、科学技術部、ワシントン支局などを経て、2007年から科学技術部編集委員。09年より論説委員を兼務。科学技術(原子力、宇宙開発、バイオなど)や環境問題を担当。

清水真人(しみず・まさと)

1986年日本経済新聞社入社。政治部(首相官邸、外務省など担当)、経済部(大蔵省など担当)を経て2000年にジュネーブ支局長。2004年から経済解説部編集委員。主な著書に「官邸主導 小泉純一郎の革命」「首相の蹉跌 ポスト小泉 権力の黄昏」(いずれも日本経済新聞出版社)、「消費税 政と官の『十年戦争』」(新潮社)など。

山口聡(やまぐち・あきら)

1987年日本経済新聞社入社。長野支局、経済部(旧厚生省、厚生労働省を主に担当)などを経て2004年から生活経済部(現生活情報部)編集委員、2014年から経済部編集委員兼論説委員。社会保障やその関連分野を主に担当。

清水功哉(しみず・いさや)

1988年日本経済新聞社入社。経済部、日経BP社「日経ビジネス」編集部、欧州総局(ロンドン)、生活経済部などを経て2010年経済金融部次長兼編集委員。12年電子報道部編集委員。15年経済解説部編集委員室編集委員。金融政策や為替・金融市場、資産運用を担当。主な著書に「日銀はこうして金融政策を決めている」(日本経済新聞出版社)など。

中山淳史(なかやま・あつし)

1989年日本経済新聞社入社。産業部、米州総局(ニューヨーク)、証券部などを経て2010年に産業部編集委員兼論説委員、13年から企業報道部次長兼編集委員。自動車、電機、運輸などを担当。

小平龍四郎(こだいら・りゅうしろう)

1988年日本経済新聞入社。証券部や欧州総局(ロンドン)を経て2006年から金融部編集委員。2012年から証券部編集委員。2009年より論説委員を兼務。担当は資本市場、金融機関など。

小栗太(おぐり・ふとし)

1991年日本経済新聞社入社。経済部、日経ビジネス編集部、日経ヴェリタス編集部、電子報道部などを経て、2012年から経済部編集委員。 13~14年に米コロンビアビジネススクールに客員研究員として出向。 担当分野は主にマーケットや金融政策。主な著書に「真説バブル」(日経BP社、共著)「円安時代がやってきた」(日本経済新聞社)など。

MC

前田海嘉(まえだ・みか)

テレビ東京アナウンサー

書の扉

西岡幸一(にしおか・こういち)

1971年日本経済新聞社入社。工業部、産業部を経て88年編集委員、96年論説委員兼務。99年に論説副主幹、2003年コラムニスト。08年に専修大教授。