BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

サブゼミのページ

1月5日 #10 2014日本経済の焦点

講義余禄

あけましておめでとうございます。  今年も、より多くの方が「日経 みんなの経済教室」を受講なさるよう、講義内容の充実を図っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
2014年の1回目は通常と異なる趣向で、レギュラー講師の方々に1年間の注目ポイントを挙げていただきました。
総じて見ると、まさに2014年は日本経済にとって「実行の年」であることがわかります。13年、アベノミクスにより経済再生に向けた土台作りが急速に進みました。今年はこれを足場に、民間の企業が成長分野への投資や需要創造、事業の再編に本気で取り組んでいけるのか、その覚悟が問われる年といえます。場合によっては一時的な「痛み」を伴うかもしれませんが、それを乗り越えた先に、ようやく「縮み」を脱する進路が現れるのだと信じたいものです。
一方、国の政策にもまだ積み残しはあります。今年は成長戦略の全体像を仕上げ、あるいは追加策を世に問う重要な年となります。既成概念にとらわれた様々な「岩盤」にさらなる杭を打ち込めるのか、政府の覚悟も問われます。
景気の「気」も、環境の変化をただ待つのではなく、なすべきことを自ら実行し活路を開く気構えによって、なお高まるものだと思います。より多くの国民が元気を取り戻す1年になることを心から祈ります。