BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

池波正太郎時代劇 光と影

BSジャパン「火曜ドラマ 池波正太郎時代劇 光と影」時代小説の巨匠、池波正太郎の短編小説の中から人間味あふれた12編を一話完結でドラマ化。「善悪が同居する人間の矛盾」を巧みな構成で描き出します!

毎月第一・第二火曜 夜8

あらすじ

  • 第四話「二宮尊徳 秘話」
  • 第四話「二宮尊徳 秘話」
  • 第四話「二宮尊徳 秘話」
  • 第四話「二宮尊徳 秘話」
  • 第四話「二宮尊徳 秘話」
  • 第四話「二宮尊徳 秘話」
  • 第四話「二宮尊徳 秘話」
  • 第四話「二宮尊徳 秘話」
  • 第四話「二宮尊徳 秘話」
  • 第四話「二宮尊徳 秘話」
  • 第四話「二宮尊徳 秘話」
  • 第四話「二宮尊徳 秘話」

第四話「二宮尊徳 秘話」

第四話は 筧利夫主演の「二宮尊徳 秘話」。
篤農家であった二宮金次郎(筧利夫)は、小田原藩主・大久保忠真の命を受け、悪政による腐敗で疲弊荒廃していた下野国・野州桜町の復興に取りかかる。そして復興を見事に成し遂げた金次郎は、尊徳の名を授かり二宮尊徳となった。ここまでは有名な話であるが、これは彼が偉くなる直前の裏話である。金次郎が川崎大師の弘法大師本尊に寄進に訪れた際、子を売られて身投げしようとしていた、おろく(東風万智子)を助けた。金次郎が家に戻ると妻は愛想をつかして家を出ていた。金次郎の尽力で、荒れ地に菜種を蒔き復興を遂げた野州桜町だったが、金次郎をよく思わない陣屋の役人と悪党が結託し、賭博で村人の生活を乱していた。さらに、金次郎の前に再び現れ懇ろとなったおろくを利用し、金次郎の金を持ち逃げさせたのだ。陣屋の悪事に対し、金次郎はついに、その時代には大罪とされた、今回の詐欺事件の直訴を決意し・・・。

出演者

二宮金次郎
筧利夫
おろく
東風万智子
豊田正作
木村祐一
岸右衛門
山中聡
土田佐内
池田勝志
鬼神の清七
柴田善行

筧利夫コメント

「二宮尊徳 秘話」のお話を頂いた時は、とうとう二宮金次郎様を演じさせていただく日が来たのだと感動いたしました。一言一句、一挙手一投足間違いのないように伝えなければと思いました。一般の方が思われている二宮金次郎像があると思うのです。私としてはもちろんそれを踏襲して真面目に役を作り上げるつもりだったのですが、撮影中、「今まで観たことのない新しい時代劇にしてください。」というプロデューサーの一言で気持ちを改めまして、ネオ時代劇とでもいいましょうか、現代劇の感覚でスパークさせていただきました。今まで誰もが聞いたことも、見たこともない、想像したことのないような、二宮金次郎像になっていると思います。更に付け加えるとするならば、とてもエッチな二宮金次郎です。(笑)
松竹撮影所には、スタッフ、セット、活気と、全て揃っておりまして、ここにいれば365日時代劇。他のことは何も考えなくていい。ちょんまげと着物とわらじ。撮影が終わったらシャワーを浴びてビール。健康的な毎日を過ごさせていただき大変感謝しております。
皆様、「秘話」でございます。ここに注目してください。
今まで語られることのなかった本当の二宮金次郎を、男の中の男であった二宮金次郎を是非味わい尽くしてください。このシリーズは永久保存版ですよ!

スタッフ情報

【ナレーション】
石住昭彦
【原作】
池波正太郎「尊徳雲がくれ」『谷中・首ふり坂』(新潮文庫)より
【脚本】
山本静子、古田求
【監督】
井上昌典
【プロデューサー】
瀧川治水(BSジャパン)、佐々木淳一 原克子 嶋村希保(松竹)
【制作協力】
株式会社松竹撮影所
【製作】
BSジャパン、松竹株式会社