BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

池波正太郎時代劇 光と影

BSジャパン「火曜ドラマ 池波正太郎時代劇 光と影」時代小説の巨匠、池波正太郎の短編小説の中から人間味あふれた12編を一話完結でドラマ化。「善悪が同居する人間の矛盾」を巧みな構成で描き出します!

毎月第一・第二火曜 夜8

あらすじ

  • 第二話「武家の恥」
  • 第二話「武家の恥」
  • 第二話「武家の恥」
  • 第二話「武家の恥」
  • 第二話「武家の恥」
  • 第二話「武家の恥」
  • 第二話「武家の恥」
  • 第二話「武家の恥」
  • 第二話「武家の恥」
  • 第二話「武家の恥」
  • 第二話「武家の恥」
  • 第二話「武家の恥」

第二話「武家の恥」

第二話は高橋光臣主演の「武家の恥」。
信州松代藩は、藩主の寵愛を受けた国家老・原八郎五郎(谷口高史)が藩政を牛耳っており、原を快く思わない“お為派”と“原一派”とで勢力争いが勃発していた。 そんな中、下級藩士・森万之助(高橋光臣)は、参勤交代で江戸へ行った際に遊女・おみの(池田愛)に一目惚れ。父と親しい江戸藩邸の留守居役・駒井理右衛門(山崎樹範)の力を借り、おみのが遊女であったことを恥じと思い、隠して、祝言を挙げる。
数年後、原が堂々と遊女を後妻に迎えたと聞いた万之助は、原に、ある同志的な思いを抱く。そんなある日、幼なじみの児嶋右平次(比留間由哲)から遊女を後妻に貰うなどの恥ずべき存在の原の暗殺を持ちかけられるが、自分の妻も同じだと、原を庇うのであったが…。

出演者

勘定方下役・森万之助
高橋光臣
勘定方上役・児嶋右平次
比留間由哲
万之助の父・森武兵衛
西園寺章雄
万之助の妻・おみの
池田愛
国家老・原八郎五郎
谷口高史
江戸留守居役・駒井理右衛門
山崎樹範

高橋光臣コメント

池波正太郎先生の作品ということで、軽い気持ちでやれる作品ではないな、と身が引き締まる思いでした。森万之助は、人格自体が居合いっぽく、刀を抜かずして=刀の鞘の中で物事を解決するという精神を持っている人物だと感じています。冒頭で居合いの刀を抜くシーンがありますが、そこでの説得力があったうえでなお、抜かない・抜きたくない万之助、という部分での表現ができたらと思っています。この作品は、「武士としての恥」と「身分違いをつい隠そうとしてしまう利己的羞恥心」という、大きく「二つの恥」がテーマとしてあります。その二つの「恥」を噛み締めながら見ていただけたら面白いと思います。

完成披露記者会見でのコメントより(2017年9月26日開催)

スタッフ情報

【ナレーション】
石住昭彦
【原作】
池波正太郎「恥」谷中・首ふり坂(新潮文庫)より
【脚本】
井上昌典
【監督】
井上昌典
【プロデューサー】
瀧川治水(BSジャパン)、佐々木淳一 原克子 嶋村希保(松竹)
【制作協力】
株式会社松竹撮影所
【製作】
BSジャパン、松竹株式会社