BSジャパン

番組表

  • 経済・ニュース
  • 紀行・教養
  • 情報・バラエティ
  • 映画・ドラマ
  • スポーツ
  • アニメ
  • イチオシ番組
  • 再放送のお知らせ
  • イベント
  • ショッピング
  • 動画
  • 読む!
  • SNS一覧
  • お問い合わせ

放送番組編集基準 │ Broadcasting Editing Standard

1.
BSジャパンはテレビ放送を通じて平和で豊かな世界の実現に寄与し、日本文化の向上を図り、産業と経済および科学の発展、公共の福祉に貢献する。
2.
BSジャパンは衛星デジタル放送の特性を生かした高画質・高音質の番組を編成し、衛星放送の普及および健全な放送文化の発展に寄与する。
3.
以上の目的のために、放送番組は教育番組、教養番組、娯楽番組、報道番組及びその他(通信販売・その他)の放送番組の区分に分類し、それぞれが調和を保つよう編成することを基本方針とする。
4.
この基本方針に基づき、放送番組(データ放送を含む)を次の基準によって編成する。
(1)
教育番組
家庭および社会における成人、青少年、児童に対して学問一般、文化、科学、芸術、技芸などの知見を広め、倫理性、情操を養い、生活の向上を意図した番組。
(2)
教養番組
国民生活および国際事情等についての知見を広め、情操を豊かにし、文化、生活の向上を意図した番組。ただし、教育に属するものを除く。
(3)
娯楽番組
生活を明るく、楽しく豊かにすることを意図した番組。
(4)
報道番組
テレビの特性を生かし、社会にとって重要あるいは時事的な出来事を客観的、かつ公正に報じ、情報社会における的確な判断の素材を提供する番組。
(5)
その他
・通信販売
商品またはサービスの通信販売を専らの目的とした番組。
・その他
上記のいずれにも属さない番組
5.
個々の番組および広告の企画、制作、実施にあたり守るべき基準については「日本民間放送連盟放送基準」によるものとする。

放送番組編集基準の公表の方法及び年月日

放送番組編集基準の公表の方法とその実施時期については、下記のとおりとする。

1.
BSジャパンが行う放送内で告知する。
2.
BSジャパン本社内に「放送番組編集基準」の記述文書を常備し、閲覧希望者にいつでも対応可能とする。(2000年10月10日から)
3.
インターネットにおけるBSジャパンのホームページ上に、「放送番組編集基準」の記述文書を掲載し、広く視聴者が閲覧できるようにする。(2000年10月10日から)
4.
その他、効果的な公表方法についても適時検討し、実施の可能性を検討していくものとする。

三角アイコン 放送番組の種別の基準